スタッフブログ

2018.08.01更新

こんにちは、歯科助手の池本ですflower2

最近は暑い日が続いていますので、冷たいカキ氷やアイスクリームを食べる機会も多くなったのではないかと思います ice cream
そんな時に、食べたら歯にしみて「痛い!」となったこと、ありませんか??
私もアイスを食べて歯が痛くなったことがあります。なので、今回はその原因と解決方法を紹介しようと思います!

 

・歯が痛い

・歯にしみる


この2つの原因は虫歯を疑うかもしれませんが、痛みが出る原因は虫歯だけではありません。歯がしみる原因としては、『知覚過敏』が疑われます。
知覚過敏とは何らかの原因によってエナメル質が傷つき削れ、象牙質が露出してしまい、その部分から歯ブラシや風などの刺激が伝わり歯が痛むものです。

知覚過敏の原因は、歯周病食いしばりの癖や噛み合わせ悪さ等が考えられます!

 

知覚過敏を防ぐためには

1.歯医者さんで定期検診クリーニングを行い、歯周病を予防する
2.エナメル質を溶かす酸の多い食べ物や飲み物を避け、食べた場合、直後には歯磨きをしないようにする
3.歯ぎしりや食いしばりの原因となるストレスをなくすように努力する
という事が必要になります!

 

ただ、もうすでに歯が痛い…しみている!という方もいるかと思います。そんな方は…

症状が軽い場合、
正しいブラッシングをする
マウスピース等で噛み合わせを改善する
知覚過敏用の歯磨き粉を使用する
といった自身で実践できる方法で良くなるそうです。

 

歯医者さんでは、
薬を塗る
マウスピースを作る
・歯周病を治療する
等の方法で良くなるように処置します。

 

もし歯の痛みが治らない、心配、という方は一度歯医者さんへ行って相談することをオススメします!

美味しいアイスをたくさん食べて楽しく夏を過ごせるようにしましょうnote

2018.7

投稿者: 徳重ガーデン歯科