スタッフブログ

2019.02.01更新

こんにちは。徳重ガーデン歯科の赤井です。

今日は虫歯について話していこうと思います。

 

虫歯とは一般的には痛いものというイメージがあると思いますが、実際には痛くなるほど進行すると痛みが伴います。

最初は無症状に進行し、エナメル質より深い所にある象牙質という組織まで進行すると冷たいものや甘いものでしみたりします。

そこからさらに神経まで進行すると温かいものでずきずき痛んだり、何もしなくてもずきずきします。

では、我々歯科医師はどこから虫歯の処置をしていくのか?というところが歯科医師ひとりひとりで変わってきます。

というのもエナメル質に限局する虫歯は再石灰化が期待できるため必ず処置する必要はないからです。

ここまでだと小さい虫歯→やらなくていいと思われるかもしれませんがそうではなくその方個人の口腔衛生状態によると僕は考えております。

なぜならその方の口腔衛生状態が良好な場合は、今以上に虫歯が進行する可能性が低いので虫歯のできている個所を特に注意して日ごろの歯ブラシに臨んでいただければいいのですが口腔衛生状態が悪い方は虫歯が進行する可能性が高いので小さい虫歯でも処置をするべきだからです。

その判断は初診で来ていただいた段階では判断はできず、何度か口腔内を診て初めてわかるものだと思います。

ですので、虫歯の発見もそうですが歯磨きについてより効率よく磨く方法を知っていただくためにも定期健診の必要性を感じています。

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科