スタッフブログ

2019.11.10更新

こんにちは!歯科助手の金子ですnico
11月も中半を迎え紅葉シーズンとなりましたねflowerまた、体調を崩しやすい時期でもありますので、皆様体調管理にはお気を付けくださいね!

 

今回は、治療途中で使う歯tooth「仮歯の必要性」についてお話しします。大きく分けて重要な3つの役割りがあります。

①削った歯を細菌やバイ菌から守る♪

削って治療した歯は、手術後の傷と同じ状態です。包帯のように細菌の感染や、しみるなどの刺激から守ります。

②歯型を取ったあとに歯が動かないように固定する♪

歯は、放っておくと自然と空いている場所に移動します。歯が動いてしまうと型を取って作った歯が合わなくなることがあります。このようなことを防ぐ為に、取れたらすぐにご連絡を!

③「噛める状態」を維持する♪

治療中も噛んで食べられるようにします。噛まずにいると噛む力を伝達する「歯根膜」が怠けてしまい、いざ出来上がった歯を入れた時に過剰に反応して「高い」「当たりすぎ!」と感じやすくなってしまいます。これらを防ぐ為に、仮の歯を入れます。

 

仮の歯は治療中、付けたり外したりを繰り返します。よって強く付けすぎると歯を痛めてしまうことから、弱い専用のセメントで接着しています。取れやすい為、取れたらすぐに連絡を!

[仮歯の注意点]

☆強く噛まないこと
☆お掃除は丁寧に
・汚れが溜まりやすい為、丁寧な歯磨きが必要です
☆フロスや楊枝は使わない
・使用すると取れてしまいます
☆くっつく物は我慢
・仮歯はプラスチックなので、お餅やグミ、キャラメル、ガムなどはくっついて取れてしまいます
☆取れた仮歯は捨てないで
・割れたりしていなければ再利用できます
☆仮歯が入ったからといって、治療を中断しない
・仮歯でも生活ができる為、中断してしまう方がいます。長期の利用は虫歯の再発や、歯の移動の原因となります。本番の被せ物が入るまでしっかり通いましょう。

 

気になる事、ご質問等ございましたら、お気軽にお聞きください!
ご来院お待ちしておりますnote

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科