スタッフブログ

2020.02.15更新

こんにちは!歯科助手の吉川です。今回のブログは歯ぎしりと噛みしめについてです。


成人したほとんどの方には歯の摩耗がありますが、そのうち約7%の人が病的に歯がすり減った問題を抱えていると言われています。その原因は歯ぎしりや噛みしめです。歯ぎしりや噛みしめは無意識の癖です。無意識の時には、普段では考えられない想像を絶する力を出しています。

高齢の方や歯の中の神経を取ってしまった方の歯は、強い力を受けるとひび割れやすくなっています。歯ぎしりは、歯の数が少なくなって入れ歯を入れている人の残った歯がダメになったり、入れ歯が壊れる原因にもなります。

歯ぎしりや噛みしめのひどい人はかみ合わせが不安定になると”顎の病気”を引き起こしやすいと言われています。頭を支える首や肩の筋肉、顔面の筋肉に痛みが出ることも少なくありません。

そこで、歯ぎしりや噛みしめを生活習慣で少しでも治していけるようにしましょう。


①普段生活している時に常に意識するようにする
仕事中や勉強中など何かに集中している時にふと気がつくと噛み締しめていることはありませんか?そんな時は肩を上下させ、頬の力を抜いて歯を噛み合わせないように普段から意識するようにしましょう。


②睡眠中のコントロール
✩枕を低くしましょう。後頭の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕を置くと口が開きやすくなり、噛みしめを起こしにくくします。


✩睡眠前のトレーニング
1、まず思い切り噛みしめます。1~2秒後にフッと顎の力を一度に全部抜きます。
2、息を吸いながら思い切り大きな口を開け、ガクンと一気に脱力すると同時に息を吐きます。
3、肩→胸→腹→太ももの順に力を入れる→脱力を行い、全身の力が抜けた状態で眠ります。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.02.01更新

本日はホワイトニングについてお話ししようと思いますnicoglitter

direそもそもホワイトニングとは、、
ハミガキや歯のクリーニングでは落ちにくい、歯質・食事・喫煙・加齢や遺伝による歯の黄ばみを歯を削ることなく白くする方法です。その方の歯本来の色よりも白くなることができます。歯の表面に専用のホワイトニング剤を塗布し黄ばみの色素を分解して歯の色を白くしていきます。
自身の歯を白くしていくため、仕上がりも自然な歯の色で口元の印象がワンランクアップします。

ホワイトニングを行う方法としては2つあります。
direホームホワイトニング
ホームホワイトニングは、ご自身にぴったりと合ったマウスピースを作製して、その中にホワイトニングジェルを入れて1日2時間を2週間装着して白くする方法です。
徐々に白くするので、ご自身の希望の色になった段階で完了することができて、じっくり白くするので、効果も長持ちします。(約1年)

direオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、プロの手によって施術するホワイトニングです。
個人差もありますが、1回2時間の施術時間なので、ホームホワイトニングより早く白くすることができ、時間がなかなか取れない忙しい方、結婚式など急ぎで歯を白くしたい方にオススメのホワイトニングです。
しかし、ホームホワイトニングに比べて後戻りが早いことがあります。(約6ヶ月)


dire注意事項
・歯の質によっては、ホワイトニング術中術後に薬液がしみることがあるため出来ないことがあります。
・白くなる限界値、白くなりやすい、なりにくいなど個人差がある為、ご希望通りの白さにならないこともあります。
・生活習慣によって後戻りが早くなることがあります。

もっとホワイトニングについて詳しく聞いてみたい!という方はカウンセリングも行なっておりますので、お気軽にご相談くださいni

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.01.01更新

明けましておめでとうございます。
歯科衛生士の西尾です。今年もよろしくお願い致します。
年末年始、美味しいものをたくさん召し上がる機会が多いと思います。でもお正月太りも気になりますねehe

 

今回は『歯を失ったりグラグラの歯や歯並びが悪いのは、実は太りやすい』をお話しします。


歯(特に奥歯)を失って歯医者さんにいかなくちゃと思いながらついついそのままに、、、歯を失うと食が細くなる?逆なんです。怖いことにそのまま慣れてしまい、いつの間にかやわらかくて食べやすいもの、に手が伸びやすくなります。
例えば、麺類、カレーライス、パンなど。早食い、丸のみは食後血糖も上がりやすく手軽に満足感が得られます。
糖質過多でカロリーオーバーを引き起こし肥満につながります。反面、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維不足になり、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、体力低下(サルコペニア)、転倒・骨折となっていきます。
歯があったとしても、グラグラの歯や歯並びが悪くて噛めていない状態も同じことが言えます。

お口は体の入り口です。食事、栄養指導を病院で受けても入り口を整えないと健康には過ごせません。
健康から健口へnote2そして健幸になりましょう。まずは検診から。お待ちしております。
新しい年を健口ですごしましょう nico
  

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.30更新

年末年始の診療時間は以下の通りとなります。

・12/30,31 :午前のみ診療

・1/1          :休診

・1/2,3,4    :午前のみ診療

・1/5〜      :通常通り診療

急な痛みでお困りな際は、お気軽にご相談ください。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.25更新

こんにちは副院長の西尾です。
今日はくさび状欠損(WSD)についてお話しします。


くさび状欠損とは

エナメル質とセメント質の境目である歯頸部にしばしば発生する欠損
お口の中をよく見てみると歯ぐきとの境目のところの歯がえぐれているようになっている部分がある方がいらっしゃいます。ちょうど絵本なでど斧で木を切るときの三角形の欠け方のようなかたちが多いです。
これは知覚過敏の原因にもなり、あまりに痛みが酷いと神経をとらざるを得なかったり、進行しすぎると歯が折れてしまうこともあります。


ここで少し簡単に歯の説明をさせていただきます。
歯は外側の上の部分をエナメル質、外側の下の部分をセメント質、内側には象牙質、さらに内部に歯髄という神経があります。
基本的にはエナメル質というのは歯を刺激から守っているもので、知覚がないため削ったりしても痛みはありません。また身体の中で一番硬い組織です。その内側にある象牙質というのが歯の痛み(虫歯、しみるなど)を感じるところになります。エナメル質に比べると硬くもないです。


少し前置きが長くなりましたが、なぜこのように欠損するのか説明したいと思います。
いま言われている説としては二つあり、一つは強く歯をかみ合わせたときに歯は若干たわみ力の集中するところで歯が壊れてしまう、もう一つが誤った過度の歯磨き(横磨き)です。
これにより外側のエナメル質がなくなり、象牙質が露出し冷たいものがしみることになります。


くさび状欠損の治療は基本的にはコンポジットレジンというものを詰め、噛み合わせを調整し治療します。これでも痛みが酷くなったりする場合は神経をとることも必要になる場合があります。


このくさび状欠損も早期発見、早期治療することで進行を食い止め、また汚れが溜まりにくくなり歯周病の予防にもなります。

是非気になるところなどがございましたらお気軽にお尋ねください。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.13更新

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.01更新

こんにちは。歯科衛生士の梅村ですnico
今年も残すところあとひと月となりました。
クリスマスやお正月、子ども達が楽しみにしているイベントが近づいています。
先日、我が家では子ども達とクリスマスツリーの飾りつけをしましたstarribbon

さて、今回は「幼児期の歯みがき」についてお話しします。

flower2歯が生え始めからそろうまで(生後7・8か月~2歳頃)
この時期は子どもが歯みがきに慣れることと、保護者による仕上げ磨きをしっかり行うことが重要になります。
生後7,8か月頃に下の前歯が生え始めます。下の前歯が4本生えそろうまでは軽く濡らしたガーゼで歯を拭いてあげるのがおすすめです
上下の前歯が生えそろってきたら乳児用の歯ブラシを使って磨きましょう。
家族と一緒に歯みがきすることで子どもが家族のまねをして磨き、自然と歯みがき習慣を身につけることが出来ます。仕上げ磨きの時にはお子さんを膝の上に寝かせて頭を安定させると磨きやすくなります。また歯みがき後のブクブクうがいの練習も始めましょう。

flower2乳歯が生えそろい永久歯が生えるまで(3歳~7歳まで)
乳歯が生えそろい子どもが自分一人で磨けるようにしていく時期です。
歯みがきを練習しながら自分できれいに出来る歯の本数を増やしていきましょう。
特に奥歯の咬む面の溝、奥歯の歯と歯の間はむし歯になりやすく、歯と歯茎の境い目は汚れがついていると歯肉炎になりやすくなります。
まずは鏡を見て磨きたい歯にしっかり歯ブラシを当てます。次に歯ブラシを細かく動かすと汚れが落ちやすいです。
仕上げ磨きでは子どもが磨ききれなかったところや、むし歯になりやすい奥歯を中心に行います。歯と歯の間はフロスも使いましょう。

当院では子どもの定期健診を行っております。歯科衛生士がそれぞれのお子さんに合った歯みがき指導やフッ素塗布をしています。頑張ったお子さんには毎月ちょっとしたプレゼントもありますnote

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.11.17更新

こんにちは!!すっかり寒くなりましたね。
風邪を引きやすい季節なので体調には気をつけてくださいね!
今日は唾液についてお話しします!

star唾液の働き
 ①消化作用(食べ物を消化する働き)
 ②保護作用(お口の中に傷が出来ない様に守る働き)
 ③洗浄作用(お口の中を洗いきれいにする働き)
 ④殺菌・抗菌作用(細菌が入ってくるのを防ぐ働き)
 ⑤緩衝作用(お口の中を中和してくれる働き)
 ⑥再石灰化作用(虫歯を防ぐ働き)
 ⑦排出作用(異物などを体から排除しようとする働き)

唾液は、主に、耳下腺、顎下腺、舌下腺という3つの大きな唾液腺から、1日に1000~1500mlほど分泌されます。

唾液の分泌は、夜寝ているときに少なくなります。そのため、夜間に口の中で細菌が繁殖しやすく、朝起きると、口の中がネバついたり、口臭が気になったりしがちです。そのため、就寝前にはよりていねいなケアを心がけることが大切です。

また、唾液の分泌量は、ストレスや疲れ、加齢、薬の副作用などで減少することもあります。口の渇きやネバつきを感じることが多い場合には、食事の際にはよくかむようにしましょう

唾液腺のある場所を軽くマッサージしたり、舌を意識的に動かしたりすることも、唾液の分泌を促すのに有効です!!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.11.10更新

こんにちは!歯科助手の金子ですnico
11月も中半を迎え紅葉シーズンとなりましたねflowerまた、体調を崩しやすい時期でもありますので、皆様体調管理にはお気を付けくださいね!

 

今回は、治療途中で使う歯tooth「仮歯の必要性」についてお話しします。大きく分けて重要な3つの役割りがあります。

①削った歯を細菌やバイ菌から守る♪

削って治療した歯は、手術後の傷と同じ状態です。包帯のように細菌の感染や、しみるなどの刺激から守ります。

②歯型を取ったあとに歯が動かないように固定する♪

歯は、放っておくと自然と空いている場所に移動します。歯が動いてしまうと型を取って作った歯が合わなくなることがあります。このようなことを防ぐ為に、取れたらすぐにご連絡を!

③「噛める状態」を維持する♪

治療中も噛んで食べられるようにします。噛まずにいると噛む力を伝達する「歯根膜」が怠けてしまい、いざ出来上がった歯を入れた時に過剰に反応して「高い」「当たりすぎ!」と感じやすくなってしまいます。これらを防ぐ為に、仮の歯を入れます。

 

仮の歯は治療中、付けたり外したりを繰り返します。よって強く付けすぎると歯を痛めてしまうことから、弱い専用のセメントで接着しています。取れやすい為、取れたらすぐに連絡を!

[仮歯の注意点]

☆強く噛まないこと
☆お掃除は丁寧に
・汚れが溜まりやすい為、丁寧な歯磨きが必要です
☆フロスや楊枝は使わない
・使用すると取れてしまいます
☆くっつく物は我慢
・仮歯はプラスチックなので、お餅やグミ、キャラメル、ガムなどはくっついて取れてしまいます
☆取れた仮歯は捨てないで
・割れたりしていなければ再利用できます
☆仮歯が入ったからといって、治療を中断しない
・仮歯でも生活ができる為、中断してしまう方がいます。長期の利用は虫歯の再発や、歯の移動の原因となります。本番の被せ物が入るまでしっかり通いましょう。

 

気になる事、ご質問等ございましたら、お気軽にお聞きください!
ご来院お待ちしておりますnote

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.10.15更新

こんにちは。受付の神田ですflower2

朝晩が冷え込むようになり、日増しに秋が深まるようですね。

今回はシーラントについてお話しします。


虫歯の予防方法にシーラントと呼ばれる処置があります。フッ素塗布と同様に主にお子様の虫歯を予防する処置です。生え始めの乳歯や幼少期の永久歯の噛み合わせにある溝をプラスチックの材料で覆い虫歯から歯を守ります。

6歳頃に生えてくる奥歯の永久歯はとても虫歯になりやすい歯です。ゆっくり生えてくるので生え始めの頃は歯肉が半分歯にかぶっており、気づいた頃は虫歯になっているというケースもよくあります。

生えたばかりの歯のエナメル質は酸に弱く、そのうえ噛み合わせる部分の溝は大人の歯よりも深く複雑です。

まだ歯磨きがあまり上手にできないお子様は奥歯まで歯ブラシが届きにくいため、食べかすなど汚れが残りやすく虫歯になるリスクが高いのです。

乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫ということはありません。乳歯の虫歯は永久歯にまで悪影響が出ることがあります。十分なセルフケアとプロケアが施されていればシーラントをせずに過ごすことも可能ですが、大事な永久歯を守るためシーラントをして予防することが大切です。

また、シーラントをしても溝に汚れがたまらないわけではないので普段からしっかり歯磨きをする必要があります。

歯ぎしりやくいしばりをしてシーラントがとれてしまうこともあります。定期検診でとれてしまっていないか確認、メンテナンスしていくことが大切です。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ