スタッフブログ

2019.11.10更新

こんにちは!歯科助手の金子ですnico
11月も中半を迎え紅葉シーズンとなりましたねflowerまた、体調を崩しやすい時期でもありますので、皆様体調管理にはお気を付けくださいね!

 

今回は、治療途中で使う歯tooth「仮歯の必要性」についてお話しします。大きく分けて重要な3つの役割りがあります。

①削った歯を細菌やバイ菌から守る♪

削って治療した歯は、手術後の傷と同じ状態です。包帯のように細菌の感染や、しみるなどの刺激から守ります。

②歯型を取ったあとに歯が動かないように固定する♪

歯は、放っておくと自然と空いている場所に移動します。歯が動いてしまうと型を取って作った歯が合わなくなることがあります。このようなことを防ぐ為に、取れたらすぐにご連絡を!

③「噛める状態」を維持する♪

治療中も噛んで食べられるようにします。噛まずにいると噛む力を伝達する「歯根膜」が怠けてしまい、いざ出来上がった歯を入れた時に過剰に反応して「高い」「当たりすぎ!」と感じやすくなってしまいます。これらを防ぐ為に、仮の歯を入れます。

 

仮の歯は治療中、付けたり外したりを繰り返します。よって強く付けすぎると歯を痛めてしまうことから、弱い専用のセメントで接着しています。取れやすい為、取れたらすぐに連絡を!

[仮歯の注意点]

☆強く噛まないこと
☆お掃除は丁寧に
・汚れが溜まりやすい為、丁寧な歯磨きが必要です
☆フロスや楊枝は使わない
・使用すると取れてしまいます
☆くっつく物は我慢
・仮歯はプラスチックなので、お餅やグミ、キャラメル、ガムなどはくっついて取れてしまいます
☆取れた仮歯は捨てないで
・割れたりしていなければ再利用できます
☆仮歯が入ったからといって、治療を中断しない
・仮歯でも生活ができる為、中断してしまう方がいます。長期の利用は虫歯の再発や、歯の移動の原因となります。本番の被せ物が入るまでしっかり通いましょう。

 

気になる事、ご質問等ございましたら、お気軽にお聞きください!
ご来院お待ちしておりますnote

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.10.15更新

こんにちは。受付の神田ですflower2

朝晩が冷え込むようになり、日増しに秋が深まるようですね。

今回はシーラントについてお話しします。


虫歯の予防方法にシーラントと呼ばれる処置があります。フッ素塗布と同様に主にお子様の虫歯を予防する処置です。生え始めの乳歯や幼少期の永久歯の噛み合わせにある溝をプラスチックの材料で覆い虫歯から歯を守ります。

6歳頃に生えてくる奥歯の永久歯はとても虫歯になりやすい歯です。ゆっくり生えてくるので生え始めの頃は歯肉が半分歯にかぶっており、気づいた頃は虫歯になっているというケースもよくあります。

生えたばかりの歯のエナメル質は酸に弱く、そのうえ噛み合わせる部分の溝は大人の歯よりも深く複雑です。

まだ歯磨きがあまり上手にできないお子様は奥歯まで歯ブラシが届きにくいため、食べかすなど汚れが残りやすく虫歯になるリスクが高いのです。

乳歯は生え変わるから虫歯になっても大丈夫ということはありません。乳歯の虫歯は永久歯にまで悪影響が出ることがあります。十分なセルフケアとプロケアが施されていればシーラントをせずに過ごすことも可能ですが、大事な永久歯を守るためシーラントをして予防することが大切です。

また、シーラントをしても溝に汚れがたまらないわけではないので普段からしっかり歯磨きをする必要があります。

歯ぎしりやくいしばりをしてシーラントがとれてしまうこともあります。定期検診でとれてしまっていないか確認、メンテナンスしていくことが大切です。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.10.01更新

こんにちは!歯科医師の松原です!

今回は虫歯が進行してしまい、歯の根っこの中の歯髄(神経と血管)にまで感染が及んでしまっている場合の治療法について書かせていただきます!


この治療が必要な状態というのは、虫歯が大分進行してしまっている事が多いです。
結果的に歯髄にまで感染が及び、炎症を起こしてしまっている場合には、感染を歯髄ごと除去する「抜髄」処置が必要になります。

手順は、
1.まず麻酔をしっかりと効かせた状態で虫歯を徹底的に除去します。
2.次に根管口と呼ばれる根っこの入り口を探します。
3.根管口が見つかったら、ファイルと呼ばれる細いヤスリの器具を根の中に入れて根っこの長さを確認していきます。
4.根っこの先端より少し手前の所で長さを決めて、細く複雑な形態をした根管(根っこの中の歯髄の通り道)を拡大、形成していきます。
5.根管の中に削りカスや感染が残らないよう薬品を用いてこまめに洗浄します。
6.消毒の薬を詰めて仮蓋をして終了。


この治療を何度か行い、最終的には根管の中を封鎖するための根管充填と呼ばれる処置を行います。


根管治療を行う際に最も注意しなければならないのが、新たに感染を起こさないようにすることです。根の中には免疫がないので、感染に対する抵抗力がありません。なおかつ、根っこの中は細く複雑な形態をしているため、そこに感染が起こってしまうと完全に取り除くのは非常に大変です。
なので細心の注意をしながら治療に取り組んでいます。
またそれぞれの治療工程において、根管内の洗浄に用いる薬液は2種類の薬液を交互に用いることにより消毒効果を高める事ができます。
1本の根っこの治療に、これだけの器具や工程を必要とするため、どうしても時間や回数が必要な治療でもあります。


見えないところの根の治療にも最善の治療を心掛けています!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.09.01更新

皆さん、こんにちは。歯科助手の吉川です。

今回は虫歯ができる条件についてお話ししていきます。

<虫歯ができる4つの条件>

①細菌
 ・虫歯を作る細菌のこと。
 ・細菌が糖分を食べて、酸性のおしっこを出すことで、歯が溶けて虫歯が発生する。

②食べ物
 ・虫歯菌は甘いものが好き。
 ・ポテトチップスといった甘くない食べ物でも、唾液の働きでデンプンに変わるので油断大敵!! 

③歯質
 ・歯の質のこと。
 ・歯並びなどで虫歯になりやすい環境になることもある。
 ・生えたばかりの歯はたけのこのように柔らかく虫歯になりやすい傾向にある。

④時間
 ・歯に虫歯菌がくっついている時間。
 ・長ければ長いほど、虫歯菌の出す酸によって歯が溶けてしまう。
 ・長時間アメをなめていたり、頻繁に甘い食べ物や飲み物を口にすることも危険!!
 ・何か口に入れていないと落ち着かない人は要注意!

この①~④の条件がそろった時、虫歯は発生するのです。
逆に、この4つの条件の1つでも満たされなければ虫歯は発生しないのです。

では、甘いものは食べてはいけないのか?と言われれば、そうではありません。
虫歯を作らないためには、甘いものの「量」より「口に入れている時間」が大切になってきます。

食べ物だけでなく、飲み物にも注意が必要です。
砂糖の入った清涼飲料水を頻繁に口にすることも虫歯のリスクを高めます。

清涼飲料水と聞いて、1番最初に思いつくのはスポーツドリンクですよね?
これは、砂糖を多く使っているからだけでなく、かなり酸性度が高いため虫歯になりやすいのです。

では、どれくらい酸性度が高いのか他の飲み物で比べてみましょう。
酸性度は㏗という値で表します。
歯は㏗5.4以下で表面が溶け始めていきます。
 ・スポーツドリンク:㏗3.3(酸性)
 ・炭酸飲料、乳酸飲料:㏗2.9(かなり酸性)
 ・緑茶:㏗6.4(中性)

このように、スポーツドリンクや炭酸飲料などは体だけでなく、歯に対してもあまりお勧めできない物だとわかりますよね?

また、ペットボトル症候群というものもあるのです。
これは、スポーツドリンクや清涼飲料水などを大量に飲み続けることで起きる急性の糖尿病のことを言います。
10代~30代の若者に多く発生します。
原因は、のどが渇いた時に砂糖がたくさん入った飲み物を摂取することで血糖値が急激に上がり、さらにのどが渇く、という悪循環に陥ってしまうからです。
水やお茶ならこのようなことは起きないので、のどが渇いた時は水やお茶にしましょう。

皆さん、これを読んでおやつや飲み物について考え直していただけたら嬉しいです。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.08.15更新

皆さんこんにちはni毎日きちんと歯磨きしてるのに、舌で歯の表面を触ったときにザラザラしたり歯の表面が茶色く着色していたりしませんか?


このような汚れは、歯ブラシだけでは落とせません。歯科医師または歯科衛生士によるクリーニングが必要です。このような専門家による機械的歯面清掃PMTCといいます。

PMTCの目的は、歯ブラシで取り残したむし歯や歯周病の原因となる細菌の壁(バイオフィルム)を取り除いて、お口の中の環境を良い状態にすることです。

 

初めてクリーニングをされた方は、汚れがすっかり取り除かれたお口のツルツル感爽快感に驚くと思います。このきれいな状態を長持ちさせるためには、普段の歯磨きが大切ですが、健康でうつくしい歯を維持するためには、定期的なPMTCが有効です。

 

毎日中性洗剤で洗っているお茶碗も、時々は漂白剤に浸けて茶渋を取ると思います。歯も同じです。定期的にスペシャルなケア、クリーニングを受けることをオススメします!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.08.01更新

こんにちは!
歯科医師の吉川です。
梅雨も明けてすっかり夏の陽気ですね。

 

今回は補綴(ホテツ)の必要性についてお話ししたいと思います。
補綴とは、失った歯を補う事です。

補綴の方法としては代表的な物は、入れ歯・インプラント・ブリッジ(橋渡し)の3つがあります。

 

歯を失ってしまったところを治療せず、長期にわたり放置していると様々な問題が発生してきます。
残った歯が移動し、すきっ歯になり、食べ物がはさまり虫歯になるリスクが上がってしまったり、失った所の反対側の歯が出てきてしまい、噛み合わせが悪くなるなど、たった1本の喪失からお口全体のバランスが崩れてしまう事もあります。

 

噛み合わせの不具合による影響は、噛む力の低下・歯周の進行・虫歯・見た目の変化・発音機能の低下・肩こり・顎の痛み、しいては健康寿命の短縮など、多岐にわたります。

 

これらの症状を防ぐためにも、歯を失ってしまった場合は、最適な治療方法を、歯科医師と相談して、早期に治療していくことが大切になります。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.07.15更新

こんにちは!歯科衛生士の本田です。
なかなか梅雨明けせず、ジメジメした日が続いていますがみなさんいかがお過ごしですか?

 

さて、みなさんは歯周病の検査を受けたことはありますか?
歯周病の検査といえば歯肉(歯茎)をチクチクされる検査というイメージが強いかと思います。ですが、歯周病の検査は歯と歯肉の深さ(歯周ポケット)を図る以外にも検査があります。

 

 

まず一つ目は、歯の動揺度(歯の揺れ)です。

歯周病が進むと歯槽骨という歯の土台となる骨が溶けてなくなっていきます。
その歯槽骨という骨が少なくなればなるほど、歯は揺れていきます。その揺れの度合いを測る検査です。

 

二つ目は、出血の有無です。

歯周組織の破壊が進むほど沢山の歯茎が出血します。出血の有無はお口の中の炎症の度合いを示します。

 

そして三つ目は、レントゲン撮影です。

普段は歯肉に埋まって見えない歯槽骨の減り具合や骨密度を目で見て確認することができます。
またデンタルX線という小さなフィルムで撮影し、3.4歯だけを部分的に詳しくみることができるものは、歯肉の中の歯石までもを見つけることができます。
CTであれば、歯周病菌によって溶かされた歯を支える骨がどのような状態なのか、三次元的に把握することができます。


このように歯周ポケットを測る検査以外にもさまざまな検査があり、どの検査も歯周病の診断には必要不可欠な検査です。

当院ではこの全ての検査を実施しております。より正確な治療のためご協力をお願い致します。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.07.01更新

こんにちは!歯科医師の松原です!

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆様お変わりありませんか?

 

日頃の積み重ねである健康をお金で買うことはできません。

しかし、予防や早期発見をする事はできます。

むし歯や歯周病といった問題は初期では自覚症状がありません。

痛みや腫れといった症状が出たときには元通りに治療できないこともあります。

治療方法にもよりますが、虫歯を治療しても詰め物と自分の歯の間から2次的にむし歯になるリスクが付きまといます。

また、ブラッシングだけでは汚れを取り切れない部位が出てきます。

虫歯と歯石の検診を行う事で自分の歯を虫歯や歯周病から守ることができます。

痛み等の症状が出てから治療を行う事を繰り返すと、自分の歯が減っていきます。

一度治療を終えたら、次はそうならないように清掃方法を変えたり、定期的にチェックしていく事が重要になってきます。

歯を自分の身体の一部と捉え、すり減っていくものと考えればメンテナンスの重要性が理解できるのではないでしょうか。

どんな機械でもメンテナンスなしで動き続けることはできません。

なんでも咬んで食べることができるという事はそうでない人と比べ生活の質に大きな差が出てくることだと思います。

壊れてから、痛みが出てから治す。

ではなく、壊れないように管理していくという前向きな価値観を共有できれば、歯医者に行くことが少しは嫌でなくなるのではないかと思います。

いつまでもしっかりと咬めるお口で食事し、健康な身体づくりをするお手伝いができます。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.06.15更新

こんにちはni歯科助手の池本です。

 

最近、幼稚園や学校で歯科検診が行われた方も多く、お子様の検診・フッ素や虫歯の治療のご予約を取得される方が増えてきました。

お子様の虫歯を早めに治療、予防して、楽しい夏休みを迎えましょう!!

 

今回はrabbitキッズスペースrabbitのご案内をさせていただきます!

先月から、当院では小さなお子様も待ち時間を楽しく過ごせしていただけるように、待合室にキッズスペースを設置しています。

アンパンマンのおもちゃやお絵かきセット、スポンジのつみき、たくさんの絵本があります!

現在も多くのお子様にご利用いただき、好評をいただいておりますnote
どうぞ、ご自由にお使いください!(※ご利用にあたっては、注意事項がございます。)

2019.6

また、tiger託児サービスtigerも平日のお昼間を中心に、不定期で行っております。小さなお子様がみえて、なかなか通院できなかったママも、安心して通っていただくことができます!

託児については、お気軽に受付へお問い合わせ下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.06.01更新

こんにちは。歯科衛生士の伊藤ですnico

 段々と夏が近づいています!暑さでアイスクリームがより一層食べたくなりますねgya

 

今回は、虫歯になりにくくする甘味料「キシリトール」についてお話ししたいと思います。

 

なぜキシリトールが虫歯になり難いと言われているかというと、本来砂糖は虫歯菌の中に取り込まれると酸を産生し、歯が溶かされて虫歯になります。ですが、キシリトールは虫歯菌に取り込まれても酸を産生出来ないので、虫歯になりにくいのです。

 

さらにキシリトール入りガムは、噛むことでお口の中を刺激し、唾液の分泌を促進する事で、お口の中を綺麗にしたり、歯の再石灰化を促進する効果もプラスで期待できますのでより虫歯になりにくいお菓子です!

 

ですが、キシリトールで虫歯を完全に防ぐ事は出来ませんので、毎日の歯みがきや定期検診が大切です。

 

これからの季節、スーッと爽やかなキシリトール入りのお菓子を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?glitter

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ