スタッフブログ

2020.04.01更新

こんにちは!受付の神田ですflower2

今回は、日々の歯のお手入れについてお話しします。

 

歯ブラシを使う時、ブラシの毛先をあてるべき場所が3つあります。
虫歯になりやすい場所、つまりプラークがたまりやすい場所です。

 

①歯と歯の間
全体の約半分にあたる部分です。
この場所のケアには歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシが必要です。


②歯と歯肉の境目
ここの細菌を落とすと歯周病予防にもなります。
歯肉を傷つけないようにプラークだけを落とすことが大切です。


③奥歯の噛み合わせの溝
噛み合わせ部分のくぼんで複雑な形状をしている所が虫歯になりやすいので、その溝をしっかりケアしましょう。

 

実は歯ブラシだけではプラークは約60%しか落とせていないそうです。
歯ブラシでは落とせない歯と歯の間をフロスで落とすことにより約80%、歯間ブラシを使うと約85%のプラークを落とせるようになります。

フロスは歯と歯の間の接している部分、歯と歯肉のきわのプラークを除去するのに適しています。
フロスの良さは、歯の曲線に沿ってプラークを除去できることです。

歯間ブラシは主に歯と歯の間につまった食べ物のカスやプラークを除去する目的で使います。
歯の根元の三角の隙間がある場合や、ブリッジが入っていて歯ブラシでは上手くケアできない場合にも使います。
歯と歯の間の虫歯を予防でき、フロスが苦手な方にとっても手軽で便利かもしれません。

フロスの得意なエリアと歯間ブラシの得意なエリアがあるので、その特徴を有効に活用して3つの場所を重点的にお手入れできると虫歯予防に効果的ですtoothglitter

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.03.15更新

こんにちは!今日は「歯周病治療」についてお話ししたいと思います。

 

「歯周病」と診断された方は、まず歯周病初期治療から始まっていきます。

その内容は、歯磨き指導+歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石の除去で、通常、複数回通って頂くことになります。

患者様と私たち歯科衛生士がともに協力して治療を進めることができれば、歯ぐきの腫れや出血がおさまり、目に見えて変化が分かるようになります。 歯周病初期治療が終了すると、再び炎症がおさまったかどうかの検査をします。

このとき、多くの方は予防のための定期的なメンテナンスに移行していきますが、 残念ながら、初期治療では歯石が取りきれず炎症がおさまらない方は、歯ぐきを切開し歯石をとる手術をする場合もあります。

すべての歯周病治療は、初期治療が基本であり、それでも結果が伴わない場合は歯周外科治療が必要となります。 症状が軽いほど、早く治療終了となるのです。

 

コロナウィルスで世間は自粛モードですが、歯の健康は全身にも関係してきますので、是非検診で歯周病の検査を受けてみて下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.03.15更新

こんにちは!
今回は『歯磨きの意外な役割』についてお話させて頂きます。

口の中には約30億〜6000億もの細菌が存在するとも言われますが、これらの細菌はプロテアーゼという酵素を出す特性があります。
口腔内を不潔な状態にしておくと細菌が増殖しますし、何より厄介なのは、プロテアーゼがインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする働きがあるということです。
つまり、不潔な状態にしておく right arrow プロテアーゼの量が増える right arrow インフルエンザに感染しやすくなるということなのです。

歯磨きには、このプロテアーゼの量を減らしインフルエンザの予防効果が見込めるだけでなく、歯磨きの回数を増やすことにより、唾液の量も増え、細菌ウイルスの主な侵入経路である口・喉の免疫を高めます。

実際に、介護施設や小学校などで歯磨き指導を徹底したところ、インフルエンザ罹患率が低下したという報告も多くあります。

免疫の向上により、インフルエンザだけでなく、他のウイルスや細菌感染の予防も期待できます。
近年うがいの効果については疑問の声も上がっていますので、『手洗い、うがい』right arrow『手洗い、歯磨き』に変わる時が来るかもしれませんね。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.03.15更新

2020.3

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.02.15更新

こんにちは!歯科助手の吉川です。今回のブログは歯ぎしりと噛みしめについてです。


成人したほとんどの方には歯の摩耗がありますが、そのうち約7%の人が病的に歯がすり減った問題を抱えていると言われています。その原因は歯ぎしりや噛みしめです。歯ぎしりや噛みしめは無意識の癖です。無意識の時には、普段では考えられない想像を絶する力を出しています。

高齢の方や歯の中の神経を取ってしまった方の歯は、強い力を受けるとひび割れやすくなっています。歯ぎしりは、歯の数が少なくなって入れ歯を入れている人の残った歯がダメになったり、入れ歯が壊れる原因にもなります。

歯ぎしりや噛みしめのひどい人はかみ合わせが不安定になると”顎の病気”を引き起こしやすいと言われています。頭を支える首や肩の筋肉、顔面の筋肉に痛みが出ることも少なくありません。

そこで、歯ぎしりや噛みしめを生活習慣で少しでも治していけるようにしましょう。


①普段生活している時に常に意識するようにする
仕事中や勉強中など何かに集中している時にふと気がつくと噛み締しめていることはありませんか?そんな時は肩を上下させ、頬の力を抜いて歯を噛み合わせないように普段から意識するようにしましょう。


②睡眠中のコントロール
✩枕を低くしましょう。後頭の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕を置くと口が開きやすくなり、噛みしめを起こしにくくします。


✩睡眠前のトレーニング
1、まず思い切り噛みしめます。1~2秒後にフッと顎の力を一度に全部抜きます。
2、息を吸いながら思い切り大きな口を開け、ガクンと一気に脱力すると同時に息を吐きます。
3、肩→胸→腹→太ももの順に力を入れる→脱力を行い、全身の力が抜けた状態で眠ります。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.02.01更新

本日はホワイトニングについてお話ししようと思いますnicoglitter

direそもそもホワイトニングとは、、
ハミガキや歯のクリーニングでは落ちにくい、歯質・食事・喫煙・加齢や遺伝による歯の黄ばみを歯を削ることなく白くする方法です。その方の歯本来の色よりも白くなることができます。歯の表面に専用のホワイトニング剤を塗布し黄ばみの色素を分解して歯の色を白くしていきます。
自身の歯を白くしていくため、仕上がりも自然な歯の色で口元の印象がワンランクアップします。

ホワイトニングを行う方法としては2つあります。
direホームホワイトニング
ホームホワイトニングは、ご自身にぴったりと合ったマウスピースを作製して、その中にホワイトニングジェルを入れて1日2時間を2週間装着して白くする方法です。
徐々に白くするので、ご自身の希望の色になった段階で完了することができて、じっくり白くするので、効果も長持ちします。(約1年)

direオフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、プロの手によって施術するホワイトニングです。
個人差もありますが、1回2時間の施術時間なので、ホームホワイトニングより早く白くすることができ、時間がなかなか取れない忙しい方、結婚式など急ぎで歯を白くしたい方にオススメのホワイトニングです。
しかし、ホームホワイトニングに比べて後戻りが早いことがあります。(約6ヶ月)


dire注意事項
・歯の質によっては、ホワイトニング術中術後に薬液がしみることがあるため出来ないことがあります。
・白くなる限界値、白くなりやすい、なりにくいなど個人差がある為、ご希望通りの白さにならないこともあります。
・生活習慣によって後戻りが早くなることがあります。

もっとホワイトニングについて詳しく聞いてみたい!という方はカウンセリングも行なっておりますので、お気軽にご相談くださいni

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.01.01更新

明けましておめでとうございます。
歯科衛生士の西尾です。今年もよろしくお願い致します。
年末年始、美味しいものをたくさん召し上がる機会が多いと思います。でもお正月太りも気になりますねehe

 

今回は『歯を失ったりグラグラの歯や歯並びが悪いのは、実は太りやすい』をお話しします。


歯(特に奥歯)を失って歯医者さんにいかなくちゃと思いながらついついそのままに、、、歯を失うと食が細くなる?逆なんです。怖いことにそのまま慣れてしまい、いつの間にかやわらかくて食べやすいもの、に手が伸びやすくなります。
例えば、麺類、カレーライス、パンなど。早食い、丸のみは食後血糖も上がりやすく手軽に満足感が得られます。
糖質過多でカロリーオーバーを引き起こし肥満につながります。反面、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維不足になり、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、体力低下(サルコペニア)、転倒・骨折となっていきます。
歯があったとしても、グラグラの歯や歯並びが悪くて噛めていない状態も同じことが言えます。

お口は体の入り口です。食事、栄養指導を病院で受けても入り口を整えないと健康には過ごせません。
健康から健口へnote2そして健幸になりましょう。まずは検診から。お待ちしております。
新しい年を健口ですごしましょう nico
  

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.30更新

年末年始の診療時間は以下の通りとなります。

・12/30,31 :午前のみ診療

・1/1          :休診

・1/2,3,4    :午前のみ診療

・1/5〜      :通常通り診療

急な痛みでお困りな際は、お気軽にご相談ください。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.25更新

こんにちは副院長の西尾です。
今日はくさび状欠損(WSD)についてお話しします。


くさび状欠損とは

エナメル質とセメント質の境目である歯頸部にしばしば発生する欠損
お口の中をよく見てみると歯ぐきとの境目のところの歯がえぐれているようになっている部分がある方がいらっしゃいます。ちょうど絵本なでど斧で木を切るときの三角形の欠け方のようなかたちが多いです。
これは知覚過敏の原因にもなり、あまりに痛みが酷いと神経をとらざるを得なかったり、進行しすぎると歯が折れてしまうこともあります。


ここで少し簡単に歯の説明をさせていただきます。
歯は外側の上の部分をエナメル質、外側の下の部分をセメント質、内側には象牙質、さらに内部に歯髄という神経があります。
基本的にはエナメル質というのは歯を刺激から守っているもので、知覚がないため削ったりしても痛みはありません。また身体の中で一番硬い組織です。その内側にある象牙質というのが歯の痛み(虫歯、しみるなど)を感じるところになります。エナメル質に比べると硬くもないです。


少し前置きが長くなりましたが、なぜこのように欠損するのか説明したいと思います。
いま言われている説としては二つあり、一つは強く歯をかみ合わせたときに歯は若干たわみ力の集中するところで歯が壊れてしまう、もう一つが誤った過度の歯磨き(横磨き)です。
これにより外側のエナメル質がなくなり、象牙質が露出し冷たいものがしみることになります。


くさび状欠損の治療は基本的にはコンポジットレジンというものを詰め、噛み合わせを調整し治療します。これでも痛みが酷くなったりする場合は神経をとることも必要になる場合があります。


このくさび状欠損も早期発見、早期治療することで進行を食い止め、また汚れが溜まりにくくなり歯周病の予防にもなります。

是非気になるところなどがございましたらお気軽にお尋ねください。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.12.13更新

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ