スタッフブログ

2019.07.15更新

こんにちは!歯科衛生士の本田です。
なかなか梅雨明けせず、ジメジメした日が続いていますがみなさんいかがお過ごしですか?

 

さて、みなさんは歯周病の検査を受けたことはありますか?
歯周病の検査といえば歯肉(歯茎)をチクチクされる検査というイメージが強いかと思います。ですが、歯周病の検査は歯と歯肉の深さ(歯周ポケット)を図る以外にも検査があります。

 

 

まず一つ目は、歯の動揺度(歯の揺れ)です。

歯周病が進むと歯槽骨という歯の土台となる骨が溶けてなくなっていきます。
その歯槽骨という骨が少なくなればなるほど、歯は揺れていきます。その揺れの度合いを測る検査です。

 

二つ目は、出血の有無です。

歯周組織の破壊が進むほど沢山の歯茎が出血します。出血の有無はお口の中の炎症の度合いを示します。

 

そして三つ目は、レントゲン撮影です。

普段は歯肉に埋まって見えない歯槽骨の減り具合や骨密度を目で見て確認することができます。
またデンタルX線という小さなフィルムで撮影し、3.4歯だけを部分的に詳しくみることができるものは、歯肉の中の歯石までもを見つけることができます。
CTであれば、歯周病菌によって溶かされた歯を支える骨がどのような状態なのか、三次元的に把握することができます。


このように歯周ポケットを測る検査以外にもさまざまな検査があり、どの検査も歯周病の診断には必要不可欠な検査です。

当院ではこの全ての検査を実施しております。より正確な治療のためご協力をお願い致します。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.07.01更新

こんにちは!歯科医師の松原です!

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが、皆様お変わりありませんか?

 

日頃の積み重ねである健康をお金で買うことはできません。

しかし、予防や早期発見をする事はできます。

むし歯や歯周病といった問題は初期では自覚症状がありません。

痛みや腫れといった症状が出たときには元通りに治療できないこともあります。

治療方法にもよりますが、虫歯を治療しても詰め物と自分の歯の間から2次的にむし歯になるリスクが付きまといます。

また、ブラッシングだけでは汚れを取り切れない部位が出てきます。

虫歯と歯石の検診を行う事で自分の歯を虫歯や歯周病から守ることができます。

痛み等の症状が出てから治療を行う事を繰り返すと、自分の歯が減っていきます。

一度治療を終えたら、次はそうならないように清掃方法を変えたり、定期的にチェックしていく事が重要になってきます。

歯を自分の身体の一部と捉え、すり減っていくものと考えればメンテナンスの重要性が理解できるのではないでしょうか。

どんな機械でもメンテナンスなしで動き続けることはできません。

なんでも咬んで食べることができるという事はそうでない人と比べ生活の質に大きな差が出てくることだと思います。

壊れてから、痛みが出てから治す。

ではなく、壊れないように管理していくという前向きな価値観を共有できれば、歯医者に行くことが少しは嫌でなくなるのではないかと思います。

いつまでもしっかりと咬めるお口で食事し、健康な身体づくりをするお手伝いができます。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.06.15更新

こんにちはni歯科助手の池本です。

 

最近、幼稚園や学校で歯科検診が行われた方も多く、お子様の検診・フッ素や虫歯の治療のご予約を取得される方が増えてきました。

お子様の虫歯を早めに治療、予防して、楽しい夏休みを迎えましょう!!

 

今回はrabbitキッズスペースrabbitのご案内をさせていただきます!

先月から、当院では小さなお子様も待ち時間を楽しく過ごせしていただけるように、待合室にキッズスペースを設置しています。

アンパンマンのおもちゃやお絵かきセット、スポンジのつみき、たくさんの絵本があります!

現在も多くのお子様にご利用いただき、好評をいただいておりますnote
どうぞ、ご自由にお使いください!(※ご利用にあたっては、注意事項がございます。)

2019.6

また、tiger託児サービスtigerも平日のお昼間を中心に、不定期で行っております。小さなお子様がみえて、なかなか通院できなかったママも、安心して通っていただくことができます!

託児については、お気軽に受付へお問い合わせ下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.06.01更新

こんにちは。歯科衛生士の伊藤ですnico

 段々と夏が近づいています!暑さでアイスクリームがより一層食べたくなりますねgya

 

今回は、虫歯になりにくくする甘味料「キシリトール」についてお話ししたいと思います。

 

なぜキシリトールが虫歯になり難いと言われているかというと、本来砂糖は虫歯菌の中に取り込まれると酸を産生し、歯が溶かされて虫歯になります。ですが、キシリトールは虫歯菌に取り込まれても酸を産生出来ないので、虫歯になりにくいのです。

 

さらにキシリトール入りガムは、噛むことでお口の中を刺激し、唾液の分泌を促進する事で、お口の中を綺麗にしたり、歯の再石灰化を促進する効果もプラスで期待できますのでより虫歯になりにくいお菓子です!

 

ですが、キシリトールで虫歯を完全に防ぐ事は出来ませんので、毎日の歯みがきや定期検診が大切です。

 

これからの季節、スーッと爽やかなキシリトール入りのお菓子を一度手に取ってみてはいかがでしょうか?glitter

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.05.15更新

こんにちは!歯科医師の吉川です。

今回は、神経の処置(歯の根の治療)についてお話したいと思います。


歯の根の中の神経や血管など(あわせて歯髄と呼ばれます)が通っている管を根管と言います。 歯髄は根の先端から歯の中に入り、歯の成長発育に重要な役割を果たします。 しかし、成人になり歯が成長したあとは、歯髄がなくても根のまわり(歯根膜)からの栄養供給によって歯は生存できます。
 歯の根の治療である根管治療(歯内療法とも呼ばれます)は歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。 原因は深い虫歯、歯の亀裂、外傷、知覚過敏などです。炎症や感染をそのまま放置しておくと、 歯が痛んだり、根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯茎が腫れたりします。 場合によってはリンパ節が腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。 根管治療によって、これらの症状が軽減したり、治癒したり、予防できたりするのです。
 根管治療では、痛んだ歯髄をファイルと呼ばれる器具で除去して、根管を注意深く清掃し、 再度の感染を防ぐために根の中に詰め物をします。このように歯髄を除去する治療法を抜髄と呼びます。 一方、以前に根管治療が終了している根が再び感染してしまった場合にも、根管治療が行われます。 この場合の治療法は、感染根管治療と呼ばれます。
また根管の形態は複雑で、慎重に行うため1回で終わることは少なく複数回通院が必要になる 場合が多いです。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.04.15更新

歯科衛生士の西尾ですni
新年度が始まり、時代も平成から令和へと移り変わろうとしています。
今回は、「昭和、平成のブラッシングから令和へと」と題してお送りします。
1960年頃、歯周病の原因は歯石ではなく、生きた細菌の塊であるバイオフィルムであることがわかりました。しかし、当時はバイオフィルムを構成する細菌叢の判別はできませんでした。そのため、バイオフィルムの質よりも量が問題にされました。1975年以降に、バイオフィルムには、善玉菌と悪玉菌が存在することが明らかななり現在では悪玉菌の頂点に立つ菌もわかっています。よって、バイオフィルムの菌叢と病原性には個人差があり、検診で歯垢を染め出して無関係にすべての方に100%歯垢を落とす歯磨きを、お伝えする時代は終わったのです。もちろん検診時、染め出しは致しますが、当医院の歯科医師、歯科衛生士は、このような知識を踏まえ、バイオフィルムの病原性を判定(あるいは推測)し、歯周炎を見分けることによって、患者さんごとのオーダーメイドの歯磨き方法、治療内容、治療期間、メインテナンス間隔を決めています。
さあ、新しい年度と共にお口から全身の健康維持を当医院で始めませんか!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.03.15更新

こんにちは。歯科衛生士の梅村です。

日ごとに陽射しが暖かくなってきました。春はすぐそこまで来ていますねnote

 

今回は子供の矯正歯科治療についてお話します。

子供のうちに矯正治療を始めるメリットは??

 

dire見た目がよくなる

歯並びがよくなると自信を持って笑うことができますnico笑顔が素敵だと周りの印象もよくなりますねheart3

 

dire虫歯が出来にくくなる

矯正治療で定期的に通院することにより虫歯の早期発見につながります。また歯みがき指導、フッ素塗布(歯質強化)もうけることが出来ます。そして矯正治療により歯のガタガタがなくなるので歯みがきがしやすくなります。

 

direよく嚙めるようになる

私も矯正する前は前歯の隙間があり物を上手く噛むことが出来ませんでしたshun
しかし矯正治療後はラーメンやうどんなどの麺類も美味しく食べることが出来ますmeal

 

direあごの発育がよくなる

成長期の矯正治療ではあごの発育をうながして永久歯がいい状態で生えてくる環境が作れれば、将来歯を抜かずに歯並びが整う可能性があります。
※ガタガタがひどい場合にはよりよい咬み合わせにするため抜歯をおすすめすることがあります。

 

では、子供の矯正治療の始め時は??

 

flower2受け口 4歳ぐらい


flower2出っ歯 7歳〜8歳ごろ


flower2ガタガタ 8歳〜9歳ごろ

※発育により個人差があります。

 

当院では無料で矯正相談を行っております。
まずは矯正歯科医に期間や費用を含めた治療計画を相談することから始めましょうni

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.03.01更新

こんにちは、副院長の西尾です。

今回はフッ素の効果についてお話しさせていただきます。

 

食事をすると、酸によって歯に含まれるミネラルが溶け出します。

しかし通常は唾液の働きで溶け出した成分を元の状態に戻します。

 

その働きを助けるのがフッ素なのです。

 

フッ素は歯の修復を促し、健康な歯を守ってくれます。

そして虫歯になりにくい強い歯にしてくれる効果があります。

 

フッ素は虫歯菌の活動を抑制する働きもあります。

フッ素は虫歯菌の出す酸の量を抑えることができるので、虫歯を予防することができます。

 

フッ素は危険?!というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、私たちが虫歯予防に使っているフッ素は、使い方やフッ素の量や濃度にも制限があり、使い方さえ誤らなければ、人体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

虫歯予防のフッ素塗布には、自宅で塗布する方法と、歯医者さんで塗布してもらう方法があります。

歯医者さんでのフッ素塗布は定期的に通院して受けるのが効果的です。

 

検診やおそうじと組み合わせて、歯医者さんに定期的に通っていただくのがいいかと思います。

 

フッ素は、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんにも有効です。

乳歯がだいたい生えそろってくる1歳頃から、フッ素塗布を始めると良いと思います。

 

フッ素は、使い方さえ誤らなければ、人体に悪影響をあたえることなく、高い虫歯予防の働きを期待できます。

 

フッ素をするか考えている方、ぜひお子さんと一緒に相談に来てください。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.02.15更新

こんにちは!受付の神田ですnico

寒い日が続いていますね。風邪やインフルエンザに引き続き気をつけましょう。

 

早いもので、徳重ガーデン歯科のスタッフの一員となり、半年が経とうとしています。先輩スタッフのみなさんから様々なことを学び、日々奮闘中です。



ところでみなさん、定期的に歯科検診を受けていますか?私はクリーニングで歯がツルツルに綺麗になるのが好きで欠かさず受けています。そして徳重ガーデン歯科に勤め始め、より一層検診の大切さを感じています。

痛かったり、腫れたり、何かしらの症状が出てはじめて歯医者さんに行く方も多いと思います。そうすると思いの外、治療に時間も費用もかかってしまうかもしれません。

職場などで、内科的な健康診断を受けている方も、歯の検診はどうしようか?法的に義務のある健康診断と違い、歯科検診の有無は職場によりまちまちです。
しばらく歯医者さんにかかっていない方は特に歯の健康の為にぜひ検診にいらしてください。

土日はすぐに予約がいっぱいになりやすいです。ご予約はお早めに、お待ちしておりますflower2

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.02.01更新

こんにちは。徳重ガーデン歯科の赤井です。

今日は虫歯について話していこうと思います。

 

虫歯とは一般的には痛いものというイメージがあると思いますが、実際には痛くなるほど進行すると痛みが伴います。

最初は無症状に進行し、エナメル質より深い所にある象牙質という組織まで進行すると冷たいものや甘いものでしみたりします。

そこからさらに神経まで進行すると温かいものでずきずき痛んだり、何もしなくてもずきずきします。

では、我々歯科医師はどこから虫歯の処置をしていくのか?というところが歯科医師ひとりひとりで変わってきます。

というのもエナメル質に限局する虫歯は再石灰化が期待できるため必ず処置する必要はないからです。

ここまでだと小さい虫歯→やらなくていいと思われるかもしれませんがそうではなくその方個人の口腔衛生状態によると僕は考えております。

なぜならその方の口腔衛生状態が良好な場合は、今以上に虫歯が進行する可能性が低いので虫歯のできている個所を特に注意して日ごろの歯ブラシに臨んでいただければいいのですが口腔衛生状態が悪い方は虫歯が進行する可能性が高いので小さい虫歯でも処置をするべきだからです。

その判断は初診で来ていただいた段階では判断はできず、何度か口腔内を診て初めてわかるものだと思います。

ですので、虫歯の発見もそうですが歯磨きについてより効率よく磨く方法を知っていただくためにも定期健診の必要性を感じています。

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ