スタッフブログ

2018.07.15更新

こんにちは。歯科医師の高橋です。

口腔外科認定医で口腔外科を専門にしています。

みなさん口腔外科というとどのような印象をお持ちでしょうか?
埋まっている親不知を抜いたりといった事をご想像される方が多いと思います。
もちろん親不知を抜歯したりも行うのですが、そのほかにも顎関節症、口腔粘膜や唇の出来物の切除、顎の骨の中にできた嚢胞除去、スポーツなどで外力がかかり抜けてしまった歯の再固定、唇や粘膜が裂けてしまった場合の縫合など様々な処置をしております。
重症度によって大きな病院へのご紹介などへの判断も行っています。

今回はその中で、親不知の抜歯についてお話しします。親不知は智歯とも言います。
良く疑問に思われることに、親不知は抜かなくちゃ駄目なのかという事があると思います。私の回答としては、あるから絶対に抜かなくてはいけないというわけではありません、項目に当てはまれば抜歯をお勧めします。
①一度でも腫れたり、痛みがでたことがある。
②親不知は生えてるが、噛み合わせの歯茎や舌を噛んでしまう。
③親不知の手前の歯に虫歯があり、治療の邪魔になっている。
上記は一部ですが、例えば①では一旦痛みが引くと、良くなったから治ったと考えられる方がほとんどなのですが、正しくは治ったわけではなく、一時的に症状が落ち着いているだけで、いずれ再度症状がでます。そのような時にすぐに抜歯ができる場合とできない場合があり、とても辛い思いをされる方も多くいらっしゃいます。
また、腫れがひどくなることもあり、総合病院などで入院になるケースも診られる事もあります。
文章で見てもなかなかイメージがわかないと思います。まずは一度受診していただき、口腔内チェックやお話を伺わさせていただくことで、親不知以外の虫歯の発見にも繋がりますので、お気軽に受診、ご相談下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.07.01更新

こんにちは。歯科衛生士の本田です。

tooth今回は「歯周病の原因」についてお話ししたいと思いますtooth

 

歯周病とは...?

歯周病とは、「歯と歯茎の隙間に溜まった汚れが原因で起こる病気」です。汚れの中にはたくさんの菌がおり、これが歯の周りの炎症を引き起こし、そのまま放置してしまうと、最終的に歯がぐらぐらになり、抜けてしまう病気です。

 

歯周病の原因は、「歯の汚れ(歯垢)」です。歯垢をそのままにしていると、だんだん歯垢が固まり、取れなくなっていきます。これを歯石といいます。舌でさわるとザラザラすると思います。歯石になってしまうと、もう歯ブラシでは落とすことはできません歯医者の機械で取り除くしか方法はありません。

 

歯周病は、35歳で80%以上の人が罹患するといわれています。そしてゆっくりと進行するため、気づくのが遅くなりがちです。口臭、歯茎からの出血、腫れ、痛み、歯の揺れに気づいた時には、もうすでに歯周病が進行している状態かもしれません。

 

では、歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

1番効果的なものは、毎日の歯磨きです!最初にお話したように、原因は歯の汚れ(歯垢)です。普段の歯磨きが正確に行えているかどうかが重要になります。

歯周病になってしまったら、治療が必要です!歯周病になる前に定期検診に通うこともおすすめします。

 

glitter2この記事を読んで、皆さんがご自身のお口の中に関心を持っていただければと思います!glitter2

投稿者: 徳重ガーデン歯科