スタッフブログ

2019.01.15更新

こんにちは!歯科助手の金子ですnico
寒い日が続いておりますが、みなさん風邪などひかれていませんか?
今年もインフルエンザが流行ってきましたねshun
学校や職場、電車の中など人が多く集まる所には注意が必要ですね。

風邪やインフルエンザの予防と言えば手洗い、うがいglitter3はよく知られていますが、実は歯磨きleafも予防に効果的ということが最近言われています。

インフルエンザが細胞内に侵入して増殖するにはプロテアーゼという酵素が関係しているのですが、お口の中のケアをしっかり行って細菌を減らすと唾液中のプロテアーゼが減りインフルエンザの発症を抑えられるそうです!!

実際に介護施設や小学校で歯磨きを徹底したところインフルエンザ罹患率が低下したという報告も!!

当院にいらっしゃっている患者さんでも、最近歯磨きが風邪やインフルエンザ予防に有効ということを知り、歯磨きをよくするようになったら風邪をひきにくくなったのよ!と話して下さった患者さんもちらほら...

これからは手洗い、うがい、歯磨きで風邪やインフルエンザにならないように予防していきたいですねihi

近年、生活習慣病、認知症も口腔内環境が影響すると判明してきました。
インフルエンザと共に肺炎予防も。
しかし、歯磨きをしていても正しくケアができていないと菌が残っていますので当院ではセルフケアのプロが揃っておりますのでいつでも徳重ガーデン歯科にご相談下さいheart

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2019.01.01更新

明けましておめでとうございます。

歯科医師の高橋です。

本日は抗生剤について簡単ではありますが、ご説明したいと思います。

 

抗生剤とはなにかというところからですが、簡単に言いますと、細菌と闘ってくれるお薬です。つまりウイルスなどの疾患には効果がありません。

また、抗生剤には様々な種類があります。細菌にも種類がありそれに対応したお薬を使用しないと効果はありません。

日本では何にでも抗生剤を処方し、また効果が乏しいのにもか変わらず、第一選択でない抗生剤が多く使用されています。

私たち歯科医師の領域では、虫歯からお顔が腫れてしまい、膿が溜まってしまわれる方が散見されます。この時に適正なお薬を使用していないと症状を悪化させてしまい当初よりもひどくなった結果、総合病院などへご紹介しなければならないことがあります。(適正に処方、治療していてもご紹介の場合はもちろんあります)

また、適正でない抗生剤を使用し続けるとそのお薬に耐性を持った、耐性菌というものができてしまいます。耐性菌ができてしまうと、その他のご病気にかかられた際に使いたい抗生剤が効かず治療に難渋してしまう事もありえます。

私たちの医院では現在のガイドライン、頭頸部における抗生剤使用のエビデンスに準じた抗生剤処方をしております。

抗生剤は万能ではありません、用法や用量をしっかりまもっても効果が乏しい場合もあります。その際は追加治療などの必要な場合もありますので、早めの受診をお勧めします。

追記
抗生剤にアレルギーなどお持ちの方は申告をお願いいたします。

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科