スタッフブログ

2020.06.15更新

こんにちはnico歯科助手の金子ですnote

虫歯の治療が終わり、きれいな人工の歯が入ると「しばらくは歯科医院に通わずにすむなぁ〜note2」と思うかたは多いと思います。
でもこれ...じつは大間違いなのですuun
被せ物は人工の歯なので虫歯にはなりませんが、被せ物を支えている土台は、患者さん自身の天然歯tooth(自分の歯)です。
ですから、虫歯にも歯周病にもなる可能性があるのです。

 

down arrow被せ物の構造図をご覧ください。
被せ物の下の見えない所で、患者さんご自身の歯が働いていることがおわかりになると思います。

 

2020.62020.6

被せ物を長持ちさせるためには、土台となる歯の虫歯と歯周病に注意が必要ですmagnifier
被せ物を支える土台の歯を守るために、被せ物と歯茎の境目を丁寧に歯磨きすることは、とても大切になります!!glitter
特に天然歯の土台の継ぎ目の辺りは、歯茎の溝もあってプラークが溜まりやすく、虫歯ができやすい場所です。
土台の歯に虫歯が入り込んでしまった被せ物は、基礎に白アリが入った建物と同じ状態といえます汗
弱った歯が割れてしまったら抜かなければならないケースがほとんどです。


また、大変困るのは、土台となっている歯の虫歯は、被せ物の中や歯茎の奥の見えない所で進行するので、見つけにくいのですshunそのうえ、神経の無い歯は、痛みを感じない為、虫歯になっていることに気づかず、虫歯が進行してしまうこともあります。

見た目に分かりにくく、痛みも感じないとなると、患者さんご自身が気付くことは非常に難しく、発見が遅れて歯を失ってしまうケースもしばしばです。普段から歯科医院に通ってメインテナンスを受けていないと、早期発見は非常に難しいのが現実です。


お口の中に被せ物があるかたは、定期的に歯科医院で土台の歯の状態のチェックや、歯磨き指導、プロのクリーニングなど、メインテナンス受診をはじめましょうgyaglitter3
歯科のプロと一緒に土台の歯を大切に守り、被せ物を長持ちさせましょうglitter

参考書籍:クインテッセンス出版「nico」 

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.06.15更新

こんにちはnico歯科助手の金子ですnote

虫歯の治療が終わり、きれいな人工の歯が入ると「しばらくは歯科医院に通わずにすむなぁ〜note2」と思うかたは多いと思います。
でもこれ...じつは大間違いなのですuun
被せ物は人工の歯なので虫歯にはなりませんが、被せ物を支えている土台は、患者さん自身の天然歯tooth(自分の歯)です。
ですから、虫歯にも歯周病にもなる可能性があるのです。

 

down arrow被せ物の構造図をご覧ください。
被せ物の下の見えない所で、患者さんご自身の歯が働いていることがおわかりになると思います。

 

2020.62020.6

被せ物を長持ちさせるためには、土台となる歯の虫歯と歯周病に注意が必要ですmagnifier
被せ物を支える土台の歯を守るために、被せ物と歯茎の境目を丁寧に歯磨きすることは、とても大切になります!!glitter
特に天然歯の土台の継ぎ目の辺りは、歯茎の溝もあってプラークが溜まりやすく、虫歯ができやすい場所です。
土台の歯に虫歯が入り込んでしまった被せ物は、基礎に白アリが入った建物と同じ状態といえます汗
弱った歯が割れてしまったら抜かなければならないケースがほとんどです。


また、大変困るのは、土台となっている歯の虫歯は、被せ物の中や歯茎の奥の見えない所で進行するので、見つけにくいのですshunそのうえ、神経の無い歯は、痛みを感じない為、虫歯になっていることに気づかず、虫歯が進行してしまうこともあります。

見た目に分かりにくく、痛みも感じないとなると、患者さんご自身が気付くことは非常に難しく、発見が遅れて歯を失ってしまうケースもしばしばです。普段から歯科医院に通ってメインテナンスを受けていないと、早期発見は非常に難しいのが現実です。


お口の中に被せ物があるかたは、定期的に歯科医院で土台の歯の状態のチェックや、歯磨き指導、プロのクリーニングなど、メインテナンス受診をはじめましょうgyaglitter3
歯科のプロと一緒に土台の歯を大切に守り、被せ物を長持ちさせましょうglitter

参考書籍:クインテッセンス出版「nico」 

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.06.01更新

こんにちは!今回は「デンタルフロス」についてお話します!


デンタルフロスにはこのような役割があります。
1.歯と歯の間の歯垢除去効果がアップ!
歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。しかし、ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします。


2. むし歯や歯周病の予防になる
歯垢はむし歯や歯周病の原因になります。


3. 口臭の予防や改善につながる
口臭も、食べかすや歯垢などの汚れが原因になります。
毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。


4. むし歯や歯周病、詰めものなどの不具合を早期発見できる
デンタルフロスを使っていて、「いつも同じ場所で引っかかる」「フロスが切れてしまう」などが気になる時は、むし歯ができている、もしくは詰めものや、かぶせものに不具合がある可能性があります。

次にデンタルフロスの選び方についてです。
1. 「ホルダータイプ」
「ホルダータイプ」はホルダーにフロスが取り付けてあり、手間がかからずにすぐ使えるので、デンタルフロスを初めて使う方におすすめです。ホルダータイプには、前歯に使いやすい「F字型」と、奥歯にも、前歯にも使いやすい「Y字型」があります。


2. 「ロールタイプ」
「ロールタイプ」は必要な長さのフロスを切り取り、指に巻きつけて使用します
初めは少し難しいかも入れませんが、慣れてしまえば簡単で、経済的です。

使い方や選び方で困ったらお気軽にお尋ねください!!!

 

〜新型コロナウィルス感染症について〜患者さんへのお願い〜

発熱やのどの痛み、せき、息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センターもしくは医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。詳しくは以下のURLからご覧いただけます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科