スタッフブログ

2020.09.15更新

歯科衛生士の西尾です。今回は、緑茶のおはなし。

緑茶には、インフルエンザの原因となるウイルスや小児の風邪の原因となるウイルスに直接作用して、これらのウイルスの感染を無力化する成分が含まれています。

茶カテキンがその代表です。茶カテキンの中でも特にエンピロカテキンガレード(EGCG)が強い作用を示すことが明らかになっています。

また、カテキンの 1 種であるエピガロカテキン(EGC)には粘膜免疫系の働きをよくする効果があることが確認されています。

冷茶で緑茶を淹れる(水出し緑茶)が EGC の効果が発揮されやすくなります。粘膜免疫系を活性化して病原体の侵入を防ぐた めには、水出し緑茶が良さそうです。

ほかにも様々な機能が...美容と健康、老化防止、食中毒予防、血糖値降下 作用、知的作業能力・運動能力の向上、虫歯・口臭予防など。

まずは、体の免疫力を高めて、感染症などの予防を心がけましょう

温かくても冷たくても、おいしくて体もうれしい緑茶。毎日を健やかに過ごしましょう。

 

引用:「知らなきゃ損するお茶のこと 10 のひみつお茶の効用を科学する」

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2020.09.01更新

食べ物を水で流し込む人が多く見られますが、だ液の働きを知ると、食事中に水を飲むことは、老化スピードを速めてしまう行為なのです!

特に小さいうちに、食事中に水を飲む習慣をつけてしまうと、だ液腺が退化して、体や骨をつくるだ液の分泌を少なくしてしまう危険性もあり、将来苦しむことになりかねません。

食事中は水は飲まず、良く噛んでだ液を出し、だ液と食べ物を混ぜて胃に流し込むのがベスト。

最初は慣れにくいでしょうが、やってみればすぐに食事中の水が不要になって、こうなればだ液が出てきた証拠です。

水がないと困る人は、だ液腺が退化しているかもしれないので要注意です。

だ液分泌が少なくなると、「ドライマウス」という病気になりやすく、ドライマウスはまさに、だ液分泌の低下によるものですが、ファストフードやスイーツなど柔らかいものばかり食べて、さらに水で流し込む食事を続けることも大きな原因と言われています。

そんなだ液を促進してくれる食べ物が生姜」です。生姜の香成分がだ液を分泌してくれます。ピリッとしたものを食べればだ液が出ますよね?抗酸化、血管拡張、だ液促進など素晴らしい食材です。

最近、料理に生姜を取り入れる「ジンジャラー」?なる人たちが増えてきているそうですが、使いやすい食材なので少量でも、毎日摂取したい食べ物です。

また、加熱した方が、抗酸化効果がアップし、血液もサラサラになって冷え性も改善できます。 例えば、塩麹に生姜パウダーをふりかけて食べると、だ液促進と寒さに強くなる体質に!

投稿者: 徳重ガーデン歯科