スタッフブログ

2018.10.01更新

こんにちは。歯科助手の内藤ですnico

10月に入って過ごしやすくなり、季節はもう秋ですねstar

ハロウィンの飾りもよく見かけますね。

今回は、お菓子などで虫歯になりにくいと表記されている「キシリトール」についてお話しします。

 

「キシリトールはなんとなく歯にいい」そんなイメージを持っていませんか?

実は、キシリトールには、なんとなくどころではない「すごい!」がつまっています。

そんな、知られざるキシリトールの「すごい!」をご紹介します。

 

「虫歯」は、虫歯菌 (ミュータンス菌)が原因。「キシリトール」はミュータンス菌に直接働きかけ、菌を減らすので、虫歯になりにくくなります。

摂り続けることで、 1 年後には菌の数は半分以下に!さらに、2 年後には 4 分の1 にまで減少します!

(適切なホームケアと摂取量を摂った場合)

キシリトールを妊娠 6 ヶ月のお母さんが13ヶ月間食べた研究では、生後 1 歳時点でお口にミュータンス菌がいた子どもは、食べていないお母さんの子どもに比べて"4分の1以下"でした!

 

glitterほかにも、キシリトールはこんな時にも役に立ちますglitter

◯永久歯が生えてくる時

永久歯が生える 1 〜 2 年前からキシリトールを摂ると、その永久歯の虫歯になるリスク93%減少するとがわかっています。

◯ 矯正中

矯正中はお口の中が複雑になり歯磨きも大変に。キシリトールはプラークの歯への付着力も弱らせるので、歯磨きを楽にしてくれます。

◯ 歯ぐきが下がってきた時

歯の根元はとても虫歯になりやすい部分。キシリトールを摂ることで、虫歯ができる割合が摂らない人より 40% ( 1年あたり)減ります

◯ ダイエット中

キシリトールは砂糖とほぼ同じ甘さなのに、カロリーはショ糖に比べて低いので、ダイエット中でも安心です。

 

キシリトールは、美味しくて簡単に虫歯予防をグンと前進させる"すごい!"の味方ですnote2

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.09.15更新

こんにちは。副院長の西尾です

生え変わりの時期にグラグラしてきた乳歯。

「歯医者に行った方がいいのかな?」「そのままでいいのかな?」「悩んだけど連れてきました。」といったお話をよく聞くので、少しお話させて頂きます。


toothこんな時は歯科を受診されて下さいtooth

・永久歯が出てきているのに抜けそうにない時

・グラグラはしているけど、抜けそうになく噛むのを痛がる時

・大きな虫歯がある時(変に抜くとカケラが残ってしまうことがあります。)

・前歯の生え変わり(6歳〜8歳位)から 大幅にずれている時期に前歯が揺れている時。

(生え変わりでなく、ぶつけたりして揺れている可能性があります。)

 

☆乳歯は全部で20本あります。特に上記のような問題がなく、生え変わりの時期の目安と大幅なずれがなければご自宅で抜いて頂いて大丈夫です。

 

tooth乳歯生え変わりの時期の目安tooth

・前歯6歳〜8歳位 (真ん中から1、2番目の歯)

・犬歯9歳〜11歳位 (真ん中から3番目の歯)

・奥歯9歳〜12歳位 (真ん中から4、5番目の歯)

 

☆ご自宅で抜く場合

グラグラし始めてから抜けるまでに何ヶ月かかかる場合もあります。

少ししか揺れておらず、強く力を加えないと抜けないような状態の時に、無理に抜くのは歯肉を傷つけてしまったり、お子様の心の負担になるので控えましょう。

揺れ始めた乳歯の下には永久歯が既に控えています。永久歯がいよいよ出て来るよ!という時が来て、乳歯の根は溶けて徐々になくなっていきます。

つまり、問題なく乳歯の下に永久歯が控えていれば自然に抜けそうな時が、生え変わりのベストな時期とも言えます。

「歯科に来た=乳歯を絶対抜かなきゃ」ということはなく、その時のベストをご提案させて頂きます。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.09.01更新

こんにちは。歯科衛生士の山下ですflower

今日は「デンタルフロス」について、お話しをさせていただきます。

 

デンタルフロスとは、歯と歯の間の歯垢を清掃するための細い糸のことをいいます。

正直、面倒くさい作業だとは思います。

ですが、この面倒くさい作業こそ、虫歯・歯周病予防にとっても重要なことなのです。

 

歯と歯の隙間にたまったプラークをそのままにしておくと、歯垢となって固まってしまい取れにくくなります。プラークや歯垢を放っておくと、歯肉炎になり歯茎が腫れてしまいます。さらに歯肉炎から歯周病になり歯茎が痩せてしまい、歯茎の中の骨もだんだん痩せていき、歯が揺れ、やがて大切な歯を失ってしまうのです。

 

glitter2フロスの効果glitter2

①虫歯になりやすい歯と歯の間を集中的にケアできる。

②口臭が少なくなる。

デンタルフロスを使えば、歯ブラシでは取り除くのが難しい食べカスや歯垢もすっきり取り除くことができます。口臭の原因を取り除くことができるので、口臭予防に繋がるのです。


③フロスを使用すると歯垢除去率が約80%までアップする!

デンタルフロスは歯と歯の間など、歯ブラシの毛先が届かないところにも届き、歯磨きでは歯垢除去率がおよそ6割なのに対し、8割程度にアップするといった試算もあります。


④虫歯、歯周病、のチェックができます。

・歯と歯の間でザラザラした感触があるか。
・歯の表面が凸凹していて引っかかる感じがするか。
・出し入れの時に糸がひっかかってバラバラになるか。


徳重ガーデン歯科では皆様に合った正しい歯ブラシの使い方やフロスの使い方などを必要に応じてご指導をさせていただきます。気になる方はぜひ、徳重ガーデン歯科にお越しくださいnote2

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.08.15更新

こんにちは。歯科医師の赤井です。

今回は再生医療について話をしようと思います。


僕は大学院時代に顎下腺という唾液腺の再生について研究をおこなっていました。
そもそも唾液腺とは?という方もいらっしゃると思うので簡単に説明しますと、よだれが作られる工場です。

 

ではその唾液腺が損傷したらどうなるかというと、消化酵素であるアミラーゼで食物の分解が十分にされなくなるのでおなかの調子が悪くなります。
また、口の中が乾燥しますので口の中で雑菌が増殖しますので、結果、口が臭くなりますし、粘膜の損傷リスクが急激に高まります。


顎下腺を摘出しないといけなくなる状況は唾石や腫瘍などありますが摘出後の生活では唾液腺に代わる人工唾液では不十分なので唾液腺を再生させることができれば患者さんのQOLの向上にも寄与できるわけです。


あまり詳しく書いてもかえって解りづらくなりますので、簡単に言いますと、IPS細胞が発見されましたがそのままでは唾液腺にはなってくれないので、いろんな添加物を加えて顎下腺をつくっていくことを目的としていますが、研究をしても人体の奥の深さがわかるばかりでなかなか結果には結び付きませんでした。

 

歯を含む人体はとても複雑に作られています。
どれ一つをとっても雑に扱ってはいけないと思いますし、歯科医師として貢献できることは虫歯を治し、再発しにくい状況までもっていくことのみです。
あとは患者さんの皆様が、なにかあれば歯医者に行くではなく、なにかが起こる前に来ていただければと思います。
御多忙でなかなか歯科医院にいくのは面倒くさいと思いますが、よろしくお願いいたします。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.08.01更新

こんにちは、歯科助手の池本ですflower2

最近は暑い日が続いていますので、冷たいカキ氷やアイスクリームを食べる機会も多くなったのではないかと思います ice cream
そんな時に、食べたら歯にしみて「痛い!」となったこと、ありませんか??
私もアイスを食べて歯が痛くなったことがあります。なので、今回はその原因と解決方法を紹介しようと思います!

 

・歯が痛い

・歯にしみる


この2つの原因は虫歯を疑うかもしれませんが、痛みが出る原因は虫歯だけではありません。歯がしみる原因としては、『知覚過敏』が疑われます。
知覚過敏とは何らかの原因によってエナメル質が傷つき削れ、象牙質が露出してしまい、その部分から歯ブラシや風などの刺激が伝わり歯が痛むものです。

知覚過敏の原因は、歯周病食いしばりの癖や噛み合わせ悪さ等が考えられます!

 

知覚過敏を防ぐためには

1.歯医者さんで定期検診クリーニングを行い、歯周病を予防する
2.エナメル質を溶かす酸の多い食べ物や飲み物を避け、食べた場合、直後には歯磨きをしないようにする
3.歯ぎしりや食いしばりの原因となるストレスをなくすように努力する
という事が必要になります!

 

ただ、もうすでに歯が痛い…しみている!という方もいるかと思います。そんな方は…

症状が軽い場合、
正しいブラッシングをする
マウスピース等で噛み合わせを改善する
知覚過敏用の歯磨き粉を使用する
といった自身で実践できる方法で良くなるそうです。

 

歯医者さんでは、
薬を塗る
マウスピースを作る
・歯周病を治療する
等の方法で良くなるように処置します。

 

もし歯の痛みが治らない、心配、という方は一度歯医者さんへ行って相談することをオススメします!

美味しいアイスをたくさん食べて楽しく夏を過ごせるようにしましょうnote

2018.7

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.07.15更新

こんにちは。歯科医師の高橋です。

口腔外科認定医で口腔外科を専門にしています。

みなさん口腔外科というとどのような印象をお持ちでしょうか?
埋まっている親不知を抜いたりといった事をご想像される方が多いと思います。
もちろん親不知を抜歯したりも行うのですが、そのほかにも顎関節症、口腔粘膜や唇の出来物の切除、顎の骨の中にできた嚢胞除去、スポーツなどで外力がかかり抜けてしまった歯の再固定、唇や粘膜が裂けてしまった場合の縫合など様々な処置をしております。
重症度によって大きな病院へのご紹介などへの判断も行っています。

今回はその中で、親不知の抜歯についてお話しします。親不知は智歯とも言います。
良く疑問に思われることに、親不知は抜かなくちゃ駄目なのかという事があると思います。私の回答としては、あるから絶対に抜かなくてはいけないというわけではありません、項目に当てはまれば抜歯をお勧めします。
①一度でも腫れたり、痛みがでたことがある。
②親不知は生えてるが、噛み合わせの歯茎や舌を噛んでしまう。
③親不知の手前の歯に虫歯があり、治療の邪魔になっている。
上記は一部ですが、例えば①では一旦痛みが引くと、良くなったから治ったと考えられる方がほとんどなのですが、正しくは治ったわけではなく、一時的に症状が落ち着いているだけで、いずれ再度症状がでます。そのような時にすぐに抜歯ができる場合とできない場合があり、とても辛い思いをされる方も多くいらっしゃいます。
また、腫れがひどくなることもあり、総合病院などで入院になるケースも診られる事もあります。
文章で見てもなかなかイメージがわかないと思います。まずは一度受診していただき、口腔内チェックやお話を伺わさせていただくことで、親不知以外の虫歯の発見にも繋がりますので、お気軽に受診、ご相談下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.07.01更新

こんにちは。歯科衛生士の本田です。

tooth今回は「歯周病の原因」についてお話ししたいと思いますtooth

 

歯周病とは...?

歯周病とは、「歯と歯茎の隙間に溜まった汚れが原因で起こる病気」です。汚れの中にはたくさんの菌がおり、これが歯の周りの炎症を引き起こし、そのまま放置してしまうと、最終的に歯がぐらぐらになり、抜けてしまう病気です。

 

歯周病の原因は、「歯の汚れ(歯垢)」です。歯垢をそのままにしていると、だんだん歯垢が固まり、取れなくなっていきます。これを歯石といいます。舌でさわるとザラザラすると思います。歯石になってしまうと、もう歯ブラシでは落とすことはできません歯医者の機械で取り除くしか方法はありません。

 

歯周病は、35歳で80%以上の人が罹患するといわれています。そしてゆっくりと進行するため、気づくのが遅くなりがちです。口臭、歯茎からの出血、腫れ、痛み、歯の揺れに気づいた時には、もうすでに歯周病が進行している状態かもしれません。

 

では、歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

1番効果的なものは、毎日の歯磨きです!最初にお話したように、原因は歯の汚れ(歯垢)です。普段の歯磨きが正確に行えているかどうかが重要になります。

歯周病になってしまったら、治療が必要です!歯周病になる前に定期検診に通うこともおすすめします。

 

glitter2この記事を読んで、皆さんがご自身のお口の中に関心を持っていただければと思います!glitter2

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.06.16更新

こんにちは。歯科医師の前川です。

私は日本口腔外科学会認定医で、口腔外科を専門としています。

 

口腔外科とは、口腔内の炎症・外傷・腫瘍などを専門に扱う分野で、主に市中病院などで目にすることが多いと思います。

私が口腔外科の疾患の中で、一番重要と考えているのは、口腔がんです。

口腔がんとは、口腔内に生じる癌の総称で、発生する部位により舌癌・歯肉癌・頬粘膜癌、口底癌などと呼ばれます。

これらは歯科分野の中でも数少ない生命に直結する疾患であり、口腔がんの9割以上が、歯科医院にて発見されます。

口腔がんは年々、発症数が増加しています。

 

がんの治療法は手術・放射線・抗癌剤などの化学療法などがありますが、口腔がんの場合は、手術が第一選択の治療となります。顔面が手術範囲となるため、術後の摂食障害、発音・構音障害、審美的な問題が生じやすい特徴があります。

口腔がんの治療において、最も重要なのは早期発見・早期治療です。癌は進行が早いため、治療が遅れるほど大きな手術が必要になり、術後の後遺症も重度になります。早期発見に寄与できるのは、日々の歯科治療です。適合の悪い被せ物や入れ歯も、口腔がんの発生に関与しますし、歯周病の治療や予防を行い、口腔内の衛生状態を良好に保つことも非常に重要です。

 

最近では、口腔がん健診の重要性も指摘されています。口腔内は、実際に目で見て確認できるという特徴があり、日々の検診や治療の中で発見することが可能です。定期的な受診が、口腔内をきれいに保つだけではなく、口腔がんの早期発見にも大切な役割を果たしています。

気になることがありましたら、ご相談いただけたらと思います。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.05.29更新

こんにちは 主任衛生士の西尾です。

6月と言うと『むし歯予防デー』がありますね。今回のブログではむし歯予防として歯磨き剤のお話をしていこうと思いますni

 

薬局やネットなど今は沢山の歯磨き剤がありますね。歯周病、口臭、審美的、ヤニ、むし歯などなど…

みなさんは、大人用と子供用なんとなく分けて使っていませんか?こどもの歯磨き剤は大人と一緒じゃダメなんです!

 

〜子供の歯磨き剤の選び方〜

① まず一番大切なのが『フッ素』入りの歯磨き剤を選ぶことです。                                  

歯が強くなって虫歯菌も弱めてくれる!!乳歯は大人の歯と比べて弱くむし歯になりやすいです。そこで大切なのが『フッ素』入りの歯磨き剤を選ぶことです。『フッ素』は歯質を強化して、むし歯菌の力を弱める効果もあります。

② 研磨剤に注意!歯磨き剤の中には『研磨剤』の入っているものがあります。着色予防としては良いのですが歯質の弱い乳歯には要注意です。なので、低研磨や研磨剤無配合や子ども用と言ったものを選びましょう。

③ 発泡剤 泡がぶくぶく出ると磨けている「感じ」がしますよね。泡で口の中が見えにくくなってしまうので隅々まで磨けないまま終わってしまう子も多いです。もちろん泡にも良いところもあり、プラーク(歯垢)が落ちやすくする働きもあります。発泡剤無配合や、低発泡と表示してあるものお勧めです。


【研磨剤の主成分:リン酸水素カルシウム、無水ケイ素、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウム など】

【泡を出す成分:ラウリル硫酸ナトリウム など】 


歯磨き剤のタイミングは歯の萌出し始める生後半年くらいからです。予防の観点から、ブラッシングのテクニックよりフッ化配合歯磨き剤でむし歯予防です。当院では、乳児医療証までは無料で「フッ素塗布」を行っております。

その子に合った歯磨き剤も歯科医師、歯科衛生士が的確に選び取り揃えてお待ちしていますclover 

2018.5

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.01.05更新

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。glitter2

皆さま、年末年始はご家族やご友人の方々とゆっくり過ごされましたでしょうか?

 

当院は毎年、年末年始も診療しておりますが、年々受診を希望される患者さまが増えております。「年末年始に受診できず、困っている方がいるのではないか」という思いから始めた年末年始の診療ですが、今年も地域の皆さまのお力になれたのであれば幸いですnico

 

ところで、2018年は戌年ですねdog今年の年賀状には、愛犬ロナウドくんの写真をたくさん盛り込みましたgya

2018.12018.1

今年も、こちらのブログで愛犬の日常を時々ご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたしますdogheart3

院長 上田 直矢

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ 前へ