スタッフブログ

2018.07.15更新

こんにちは。歯科医師の高橋です。

口腔外科認定医で口腔外科を専門にしています。

みなさん口腔外科というとどのような印象をお持ちでしょうか?
埋まっている親不知を抜いたりといった事をご想像される方が多いと思います。
もちろん親不知を抜歯したりも行うのですが、そのほかにも顎関節症、口腔粘膜や唇の出来物の切除、顎の骨の中にできた嚢胞除去、スポーツなどで外力がかかり抜けてしまった歯の再固定、唇や粘膜が裂けてしまった場合の縫合など様々な処置をしております。
重症度によって大きな病院へのご紹介などへの判断も行っています。

今回はその中で、親不知の抜歯についてお話しします。親不知は智歯とも言います。
良く疑問に思われることに、親不知は抜かなくちゃ駄目なのかという事があると思います。私の回答としては、あるから絶対に抜かなくてはいけないというわけではありません、項目に当てはまれば抜歯をお勧めします。
①一度でも腫れたり、痛みがでたことがある。
②親不知は生えてるが、噛み合わせの歯茎や舌を噛んでしまう。
③親不知の手前の歯に虫歯があり、治療の邪魔になっている。
上記は一部ですが、例えば①では一旦痛みが引くと、良くなったから治ったと考えられる方がほとんどなのですが、正しくは治ったわけではなく、一時的に症状が落ち着いているだけで、いずれ再度症状がでます。そのような時にすぐに抜歯ができる場合とできない場合があり、とても辛い思いをされる方も多くいらっしゃいます。
また、腫れがひどくなることもあり、総合病院などで入院になるケースも診られる事もあります。
文章で見てもなかなかイメージがわかないと思います。まずは一度受診していただき、口腔内チェックやお話を伺わさせていただくことで、親不知以外の虫歯の発見にも繋がりますので、お気軽に受診、ご相談下さい!

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.07.01更新

こんにちは。歯科衛生士の本田です。

tooth今回は「歯周病の原因」についてお話ししたいと思いますtooth

 

歯周病とは...?

歯周病とは、「歯と歯茎の隙間に溜まった汚れが原因で起こる病気」です。汚れの中にはたくさんの菌がおり、これが歯の周りの炎症を引き起こし、そのまま放置してしまうと、最終的に歯がぐらぐらになり、抜けてしまう病気です。

 

歯周病の原因は、「歯の汚れ(歯垢)」です。歯垢をそのままにしていると、だんだん歯垢が固まり、取れなくなっていきます。これを歯石といいます。舌でさわるとザラザラすると思います。歯石になってしまうと、もう歯ブラシでは落とすことはできません歯医者の機械で取り除くしか方法はありません。

 

歯周病は、35歳で80%以上の人が罹患するといわれています。そしてゆっくりと進行するため、気づくのが遅くなりがちです。口臭、歯茎からの出血、腫れ、痛み、歯の揺れに気づいた時には、もうすでに歯周病が進行している状態かもしれません。

 

では、歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか?

1番効果的なものは、毎日の歯磨きです!最初にお話したように、原因は歯の汚れ(歯垢)です。普段の歯磨きが正確に行えているかどうかが重要になります。

歯周病になってしまったら、治療が必要です!歯周病になる前に定期検診に通うこともおすすめします。

 

glitter2この記事を読んで、皆さんがご自身のお口の中に関心を持っていただければと思います!glitter2

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.06.16更新

こんにちは。歯科医師の前川です。

私は日本口腔外科学会認定医で、口腔外科を専門としています。

 

口腔外科とは、口腔内の炎症・外傷・腫瘍などを専門に扱う分野で、主に市中病院などで目にすることが多いと思います。

私が口腔外科の疾患の中で、一番重要と考えているのは、口腔がんです。

口腔がんとは、口腔内に生じる癌の総称で、発生する部位により舌癌・歯肉癌・頬粘膜癌、口底癌などと呼ばれます。

これらは歯科分野の中でも数少ない生命に直結する疾患であり、口腔がんの9割以上が、歯科医院にて発見されます。

口腔がんは年々、発症数が増加しています。

 

がんの治療法は手術・放射線・抗癌剤などの化学療法などがありますが、口腔がんの場合は、手術が第一選択の治療となります。顔面が手術範囲となるため、術後の摂食障害、発音・構音障害、審美的な問題が生じやすい特徴があります。

口腔がんの治療において、最も重要なのは早期発見・早期治療です。癌は進行が早いため、治療が遅れるほど大きな手術が必要になり、術後の後遺症も重度になります。早期発見に寄与できるのは、日々の歯科治療です。適合の悪い被せ物や入れ歯も、口腔がんの発生に関与しますし、歯周病の治療や予防を行い、口腔内の衛生状態を良好に保つことも非常に重要です。

 

最近では、口腔がん健診の重要性も指摘されています。口腔内は、実際に目で見て確認できるという特徴があり、日々の検診や治療の中で発見することが可能です。定期的な受診が、口腔内をきれいに保つだけではなく、口腔がんの早期発見にも大切な役割を果たしています。

気になることがありましたら、ご相談いただけたらと思います。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.05.29更新

こんにちは 主任衛生士の西尾です。

6月と言うと『むし歯予防デー』がありますね。今回のブログではむし歯予防として歯磨き剤のお話をしていこうと思いますni

 

薬局やネットなど今は沢山の歯磨き剤がありますね。歯周病、口臭、審美的、ヤニ、むし歯などなど…

みなさんは、大人用と子供用なんとなく分けて使っていませんか?こどもの歯磨き剤は大人と一緒じゃダメなんです!

 

〜子供の歯磨き剤の選び方〜

① まず一番大切なのが『フッ素』入りの歯磨き剤を選ぶことです。                                  

歯が強くなって虫歯菌も弱めてくれる!!乳歯は大人の歯と比べて弱くむし歯になりやすいです。そこで大切なのが『フッ素』入りの歯磨き剤を選ぶことです。『フッ素』は歯質を強化して、むし歯菌の力を弱める効果もあります。

② 研磨剤に注意!歯磨き剤の中には『研磨剤』の入っているものがあります。着色予防としては良いのですが歯質の弱い乳歯には要注意です。なので、低研磨や研磨剤無配合や子ども用と言ったものを選びましょう。

③ 発泡剤 泡がぶくぶく出ると磨けている「感じ」がしますよね。泡で口の中が見えにくくなってしまうので隅々まで磨けないまま終わってしまう子も多いです。もちろん泡にも良いところもあり、プラーク(歯垢)が落ちやすくする働きもあります。発泡剤無配合や、低発泡と表示してあるものお勧めです。


【研磨剤の主成分:リン酸水素カルシウム、無水ケイ素、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウム など】

【泡を出す成分:ラウリル硫酸ナトリウム など】 


歯磨き剤のタイミングは歯の萌出し始める生後半年くらいからです。予防の観点から、ブラッシングのテクニックよりフッ化配合歯磨き剤でむし歯予防です。当院では、乳児医療証までは無料で「フッ素塗布」を行っております。

その子に合った歯磨き剤も歯科医師、歯科衛生士が的確に選び取り揃えてお待ちしていますclover 

2018.5

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2018.01.05更新

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。glitter2

皆さま、年末年始はご家族やご友人の方々とゆっくり過ごされましたでしょうか?

 

当院は毎年、年末年始も診療しておりますが、年々受診を希望される患者さまが増えております。「年末年始に受診できず、困っている方がいるのではないか」という思いから始めた年末年始の診療ですが、今年も地域の皆さまのお力になれたのであれば幸いですnico

 

ところで、2018年は戌年ですねdog今年の年賀状には、愛犬ロナウドくんの写真をたくさん盛り込みましたgya

2018.12018.1

今年も、こちらのブログで愛犬の日常を時々ご紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたしますdogheart3

院長 上田 直矢

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2017.12.30更新

こんにちはflower2早いもので2017年もあと2日となりましたね。今年は皆さまにとってどのような一年でしたか?

当院は、年末年始も下記の通り診療しておりますので、急な痛みでお困りな際はご相談下さいnico

 

《年末年始診療のご案内》

■12/30(土)〜1/3(水) : 13時まで診療

■ 1/4 (木)        : 休診

■ 1/5 (金)〜       : 通常通り診療

 

皆さま、良いお年をお迎え下さいheart3

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2017.12.18更新

こんにちは。院長の上田です。

先週末は、主任衛生士さんと共に「日本歯周病学会60周年記念京都大会」に参加してまいりました。

2017.12

学会では、新たに認可がおりた骨再生療法に関するお話や、歯周病と他の疾患との関係など、最新の学術情報を得ることができました。

また、学会初日の夜は、日本歯周病学会指導医の弘岡秀明先生を中心とした懇親会に参加し、今回の学会で認定医、専門医試験に合格された先生方のお祝いをいたしました。

2017.12

日本の歯科界を代表する素晴らしい先生方とお話させていただき、大変学びのある貴重な時間を過ごすことができました。

この二日間で得たことを、明日からの歯周病治療に活かしていきたいと思います。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2017.12.12更新

こんばんは。院長の上田ですdog

以前、ブログでもご紹介させていただいたインプラント講習会「AAID JAPAN MAXI COURSE」を無事修了いたしました。

2017.12

 

本講習会では、世界で一番難しく、ステータスの高い試験と賞賛されている「アメリカンボード認定インプラント専門医(Diplomate of ABOI: American Board of Oral Implantology/ Implant Dentistry)」を日本人で二人目に取得されました堀田康記先生の下、2年間(約300時間超)、インプラント治療について学習をしてまいりました。

2017.12

堀田先生からは、インプラントの知識は勿論ですが、常に世界で最も最先端の治療を実践すべく、学び、努力し続ける姿勢に大変感銘を受けました。

私も、確かな技術で最先端な治療をご提供し、地域の皆さまのお口の健康、そして身体の健康を末長くサポートしていきたいと思います。

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2017.11.27更新

こんばんはstar11月も残り僅かとなり、街中はイルミネーションや装飾でクリスマスの空気に包まれ始めましたネheart2

当院も、今年出逢ったお気に入りのクリスマスツリーを受付に設置していますnico(トナカイもいますnote2

2017.11

これから年末年始に向けて、ご予約が混み合う時期となりますので、お口のメンテナンスをお考えの方は、お早めにご連絡くださいcloverスタッフ一同、お待ちしております笑う

投稿者: 徳重ガーデン歯科

2017.11.03更新

こんばんはmoon今年の10月は記録的に雨の日が多かったですねrain11月に入り、朝晩は肌寒いですが、日中は日差しが射し、犬の散歩やお洗濯日和な日が続いていますdogheart3

 

11月といえば・・・11月3日で、当院も「開院周年」を迎えることができましたglitter

この7年間で、当院の周辺は瞬く間に変化していきました。水と緑豊かな街に、地下鉄や高速道路が開通し、住宅や商業施設が増え、便利で子育て世代にも喜ばれる新しい街へと生まれ変わりました。

そんな魅力溢れるこの街と共に、当院も進化し続け、周辺の皆さまに愛され続ける医院となれるよう、これからも精進してまいりたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

《7周年記念として、11月17日までに検診を受診された患者様には「歯科医師推奨歯ブラシ」をプレゼントしておりますnote2

 

 

 

投稿者: 徳重ガーデン歯科

前へ 前へ