義歯・入れ歯

  • HOME>
  • 義歯・入れ歯

精密な型取りによる高品質の入れ歯

当院での義歯の治療は、長年の経験を持ち、入れ歯治療のスペシャリストである理事長の方式を取り入れています。特に力を入れているのが型取りの丁寧さと正確さで、通常の歯科医院では既成の型取りの機械で型を取ることも多いですが、当院では独自の方法で型取りを行い、より理想に近いお口の中を再現しています。まずは通常の機械で型を取った後に、その型をもとに精密な型取りに必要となる患者さん専用の基材を作ります。その基材を使用して粘膜の動きなどを記録して再度型を取ることで、口の中で動かずに安定して、傷を作らない入れ歯が完成します。足型を取ってオーダーメイドの靴を作ると靴ずれや骨に当たることのない、足にぴったりとフィットする靴ができあがるのと同じ感覚です。保険と自費のどちらの入れ歯でも同じ工程を踏んでおり、型取りの技術の精密さが、良い入れ歯ができるかどうかの決定的な違いになると言えます。

ノンクラスプデンチャーで自然な口元を実現

ノンクラスプデンチャーとは、柔軟性のある特殊な樹脂を用いて作った新しい部分入れ歯で、金属のバネを使っていないために装着していても目立たないことが大きな魅力です。維持力も高く、しっかりと噛むことが可能です。また、軽くて柔らかいため装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少なく、お口にフィットする入れ歯ですが、耐久性は金属床の方が勝ります。

丈夫な入れ歯、金属床

上顎の部分が金属でできていて、薄く丈夫な入れ歯が金属床義歯です。入れ歯は日常的に取り外して洗うものであり、床に落としてしまうことも起こりがちです。プラスチックの義歯の場合、落とした拍子に見えない部分にヒビが入り、噛んでいて割れてしまうことがありますが、金属床義歯は床に落としても割れない強度を持っています。破損や変形せずに長持ちするだけでなく、プラスチックと比べると床部分の厚みが3分の1にまで抑えられるので、食べ物を食べるときや話す時の違和感が少なく、快適に装着していただけます。「冷たい」「熱い」などの温度感覚もわかりやすく、食事が楽しめるようになります。