一般歯科

  • HOME>
  • 一般歯科

虫歯治療、根管治療で心がけていること

虫歯の治療と根管治療の両方に言えることですが、重要なのは感染部分を確実に取り除くことです。取り残しがあると再発してしまうため、当院では必ずう触検知液(虫歯検知液)で確認しています。う蝕検知液は菌に侵されて取り除かなければならない虫歯の部分だけを染色することができるため、取り残してしまった虫歯を目で確認でき、確実に除去することが可能です。どこまで虫歯が進んでいるのかを判断するには、まずは歯の色と硬さを確認しますが、当院では全ての医師が肉眼ではなくサージテルを使用して、健康な歯質とそうではない歯質を正確に見分けています。さらに低速の機器で削って硬さを確かめ、感覚だけに頼らずしっかりと見極めるために、最終的にう蝕検知液でチェックして色のついた部分を完全に除去することで、取り残しなく治療を完了することができます。

治療を先送り・中断するリスク

歯の痛みを感じながらも「まだ我慢できる」「歯医者にはあまり行きたくない」と治療を先送りにしてしまう方がいらっしゃいます。しかし治療をせずに放置していると症状が重篤化して、最悪の場合には抜歯するという選択肢しかなくなることもあります。また、せっかく治療を始めても、神経を取った段階で「痛みがなくなったからもう大丈夫」と通院をやめてしまうケースも少なくありません。仮の蓋のままでものを噛み続けると、荷重がかかって歯が破折する可能性が高まったり、せっかく中を綺麗にしていても仮蓋の隙間から細菌が侵入して再感染を起こし、治療がゼロに戻ってしまったりと、大きなリスクを伴います。お口の中に何か問題がある時には、先送りせずにできるだけ早く来院して診察を受け、最後までしっかりと治療を終わらせることが大切です。

歯の神経を抜く判断について

神経を抜くか抜かないかという判断については、レントゲンの結果と患者さまの症状を見て慎重に決定しています。虫歯の進行や痛みの度合いによってはどうしても神経を抜くことが避けられないケースがあることも確かですが、できる限り神経を残す方向で治療計画を立てています。判断が難しい状況では、当院では期間を重視しています。基準となるのは「1か月」です。1か月患部の経過を観察し、改善傾向にあるなら神経を残す形で治癒を目指します。症状が重篤化するか、平行線をたどるという場合は、神経を抜く処置が必要だと判断し、患者さまにもその旨をお伝えします。神経を抜いてしまうと歯が割れやすくなり、トラブルも起きやすくなることは確かですが、1か月以上強い痛みが続いて全く噛むことができないというような状況では、患者さまの生活を考えると神経を残すよりも抜いた方が賢明と言えます。

抜歯をする判断について

抜歯をするかどうかを決める際に最も重要視しているのは、患者さまのご希望です。まずは患者さまがどのように考えているかを伺って、その後に医師の判断をお伝えし、患者さまに選択していただいています。大切なご自身の歯は極力残すべきと考えていますが、残したことで周囲の健康な歯に悪い影響を与える可能性が考えられるような時には、抜歯をおすすめすることもあります。そのようなケースであっても、患者さま側に抜きたくないという強い意志があれば、無理に抜かずに残した上で経過を見ていきます。再度痛みが強くなったり、歯ぐきに大きな腫れが見られた場合に再度どうされたいかの確認を取ります。抜歯した場合と残した場合のそれぞれのリスクに関して十分にご理解いただいた上で、最後には患者さまのご判断にお任せしており、決して強要するようなことはありませんので、ご安心ください。

歯の治療を受けた後の注意点

神経を取らない程度の治療の場合

歯科医院でお口の中のチェックをした際に、日常生活でも特に痛みなどの症状を感じない軽度の虫歯が発見され、削って詰め物をすることは多くあります。そのような場合に、治療が完了して家に帰られてから痛みを覚えて「治療したはずなのになぜ?」と疑問を感じるようなケースが時々起こります。可能性としては、虫歯を取り除く目的で歯の内部にある象牙質部分を削って刺激を与えたために、一時的に神経が反応して痛んでいるということが考えられます。帰宅直後やその後2~3日の間は多少の痛みや違和感があることは珍しいことではありません。たとえ浅い虫歯でも、歯の状態は一人ひとり異なっており、人よりも神経が張り出ている方は神経の症状が出ることも少なくありません。治療後に違和感がある場合はしばらくは様子を見ていただき、あまりにも痛みが続く時にはご来院ください。

神経を取る治療をした場合

歯の中にある神経を抜く治療を受けたにもかかわらず、治療後に痛みを感じて不安になったという声をよく頂きます。神経を抜いたのだから痛みは感じないはずだというイメージがありますが、神経が残っていなくても、歯の根の周りに軽い炎症が残ることなどもあります。神経の治療の後は数日間多少の痛みを感じることが普通であり、むしろすぐに痛みがなくなるのは珍しいケースだとお考えください。当院では痛み止めを処方し、いつまでも痛みが止まらない場合はご来院いただいております。

奥歯の治療をした場合

奥歯は食べたものをすりつぶすという重要な役割を持つ歯であり、何らかの治療を施すと、最初は必ず違和感を伴うものです。奥歯の治療中にその部分で噛まないように意識していても、食べているものが多少入ってくることは避けられず、その際に痛みや違和感を感じるのはある程度仕方がないことです。治療が終わるまでは様子を見ていただくことをお願いしています。ブリッジや差し歯を入れる処置など、噛み合わせが大きく変わる治療では、院内で噛み合わせの紙や医師自身の指などを使用して客観的な指標を元に確認はしていますが、最終的に重要になってくるのは患者さまご自身の感覚です。実際に普段の生活の中でものを噛んで、噛み合わせの高さが適切かどうかを確認していただけたらと思います。当院では「治療をしたらそれで終わり」ではなく、確認と調整のために後日ご来院をお願いしています。歯のクリーニングなどと併せて、違和感がある場合には噛み合わせの再調整も丁寧に行っています。

サージテルを使用した精度の高い根管治療

根管治療とは、歯の神経が虫歯菌に冒された時に行う歯の根っこの治療です。根管治療において処置を行う根管(歯の根の中に通っている神経や血管の入った管)は、細くて複雑な構造をしているために肉眼で把握するのが非常に困難です。お口の中の細かい部分まで拡大して詳細に確認できるように、当院では全ての医師がサージテルを使用して治療を行っています。特に奥歯の場合は、根管が複数に枝分かれしており、入り口がとても小さくなっているため、見逃してしまうとしっかりと神経や血管の除去ができません。根管の見逃しや破壊を防いで、確実に治療を進めていくためにはサージテルはなくてはならない治療機器と言えます。

根管治療を行った場合の注意点

歯の根っこの先の部分を根尖(こんせん)と呼びます。根管治療ではこの部分を触るため、治療が終わった後でも長ければ1週間ほど鈍痛が出ることがあります。また、根管治療は数回に分けて行うことが多いものですが、まだ治療が終わっていない段階でその部分を使って強く噛んでしまうと、歯が破折する危険性があるのでお気をつけください。また、歯の神経を取り除いて根管に薬剤を詰めた段階で、通院をやめてしまう患者様が時折いらっしゃいます。そうすると洗浄した根管内に細菌が侵入して再汚染され、むし歯がさらに奥まで進行して、大きく腫れたり、激しい痛みが出たりすることもあります。最悪の場合には抜かずに済むはずだった歯を抜かざるを得なくなるケースもあるため、しっかりと最後まで治療を受けることをお願いしています。