成人矯正

  • HOME>
  • 成人矯正

成人矯正で大切にしていること

矯正治療にあたっては、まずは矯正をするべきかどうかということを患者さまと一緒に確認することからスタートします。矯正装置を2~3年装着するということは、一つの審美障害にも繋がり、精神的な負担を感じる方も少なくありません。珍しいケースではありますが、矯正治療が終了した後に歯の根の部分が吸収されてしまったり、歯ぐきが退縮したりと、歯並びが整う代わりに歯の寿命を縮める結果になる可能性もゼロではありません。矯正治療だけを行うことを考えるのではなく、他に考えられる治療法や、何も処置をせずに様子を見るという形も合わせて検討して、矯正をすることが最善の方法なのかをしっかりと判別することを念頭に置いています。現在では矯正装置の縮小化や簡便化が進んでおり、審美的に優れた見えない矯正も一般的になっていることもあって、成人矯正のニーズは増えています。その背景にあるのは患者さま一人ひとりの健康な美しい歯を求める意識の高まりです。初回の相談は無料なので、お気軽にお問い合わせください。

 
 

当院で採用しているデーモンシステムとは

当院の矯正治療では、摩擦の少ない装置(ブラケット)とハイテクワイヤー(形状記憶と温度記憶合金で出来たワイヤー)を組み合わせて使う最新の歯列矯正システム「デーモンシステム」を採用しています。従来の装置よりも小さく目立たない形で、ワイヤーを縛り付けない構造になっています。ブラケットとワイヤーの間のフリクション(摩擦抵抗)が少ないため、歯が動くスピードが速く、治療期間が短縮されます。他の歯科医院だと金属のブラケットと透明のブラケット、デーモンシステムで異なる料金設定をしているところも多いですが、当院では全ての症例についてデーモンクリアと呼ばれる透明なタイプを使用しており、皆さまにご好評いただいています。

裏側からの目立たないリンガル矯正

歯の裏側に装置をつける裏側矯正(リンガル矯正)は、矯正していることを知られることなく治療したい方や、営業や接客業などの仕事をしている方で話した時の見た目を気にされる方からのニーズに応える矯正方法です。

当院では、この裏側矯正の世界的権威でいらっしゃる竹元先生とジュゼッペ スクッゾ先生の共同研究により開発されたALIASという矯正システムを使用しています。
裏側矯正は、歯並びが綺麗になるのに時間がかかる、ワイヤーが当たって痛い・話づらいなどといった、従来の裏側矯正の問題点を解決した新しい矯正方法です。

①効率のよい矯正治療

従来の装置はスロット(ワイヤーを通す穴)が長方形でしたが、そのスロットを正方形にすることで、ワイヤーとスロットの遊びを上下左右均等にすることができるようになり、矯正時の歯の移動をより効率よくすることが可能となりました。。

 
②歯の移動がスムーズ

従来は、結紮線やゴムを使ってワイヤーを装置に結び付けていましたが、ALIASでは開閉式ブラケットにすることで、ブラケットとワイヤー間の摩擦抵抗を減らすことに成功しました。そのため、弱い力で効率よく早く歯を動かすことができるようになりました。その結果、患者さまのご負担や、治療中の痛みなども大幅に緩和することができます。

 
③ 違和感のない矯正

従来の裏側矯正は、歯科医師がワイヤーを複雑に曲げて矯正を行っておりました。しかし歯科医師の技術次第で治療のスピードや治療結果に大きな違いがでてくる場合もあるという問題点がありました。
一方ALIASはワイヤーを複雑に曲げる必要のないストレートワイヤー法を採用しているため、合理的かつシンプルに治療を進めることができます。
また屈曲のないワイヤーを使用するため、舌感が良くなり、話しづらさも改善することが可能です。

インビザラインによる見えない矯正

インビザラインは、取り外しが可能なマウスピース型の装置を使って矯正を行う新しい矯正方法です。このマウスピース型のマウスピース矯正装置はアメリカのアライン・テクノロジー社が開発し、1999年にアメリカから販売が開始され、これまでに世界中で340万人以上の方がこのマウスピースを使用した矯正治療を受けています。

患者さまのお口の状態にあわせて作った透明なマウスピースをご自身で正しく付けていき矯正治療を進めていきます。透明なマウスピースを使用するため、矯正していることを知られることなく、痛みも少ないため年々人気が高まっている矯正方法です。アライナーの製作は外部によるものですが、設計と診断は当院の医師が責任を持って行っています。


インビザラインの特徴は以下の通りです。
・ほとんど気づかれずに歯並びを整えることができる
・必要なときには自分で取り外しが可能(1日20時間を目安に装着して下さい)
・来院回数を減らすことが可能(1ヶ月半~2ヶ月に一度)
・ワイヤーを使用しないため、金属アレルギーの方でも安心
・痛みが少ない(※痛みには個人差があります)

Before

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

After

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト