小児矯正

  • HOME>
  • 小児矯正

お子さんの矯正を検討中の保護者の方へ

子供の成長期に合わせて綺麗な歯並びを実現することは、ご両親からお子さんに贈る最高のギフトになります。しかし、ご両親の思いばかりが先に立ってしまい、お子さん本人の気持ちが伴っていないというケースが時折見られます。実際に装置を使うのはお子さん自身です。お子さんのモチベーションが上がらなければ治療の成功に繋がりませんので、その点をご理解いただければと思います。お子さんに治療の必要性を認識していただくために、まずは来院していただき、一緒に鏡を見ながら、どの部分の歯並びに問題があって、治すとどのようなメリットがあるかということを医師からわかりやすい言葉で伝えていくように心がけています。

矯正を始める時期について

歯科矯正の目的は、悪い歯並びと噛み合わせを正しく導くことですが、治療を始めるのに相応しい時期は、不正の種類によってさまざまです。反対咬合(受け口)の子については早めの治療開始が望ましく、4歳ぐらいから治療をスタートすると良い結果が得られます。状態によっては大学病院での手術をおすすめするケースもあります。上顎前突(出っ歯)の子は7~8歳頃が目安となります。叢生(ガタガタの歯)の場合はそれほど急ぐ必要はなく、8~9歳頃から始めるか、もう少し先でも問題ありません。

あらゆる選択肢を検討して総合的に判断します

矯正専門の医院で相談すると矯正の開始を勧められるケースでも、当院では医師がお口の中の状態などから総合的に判断して「まだ必要ありませんね」とお伝えすることもあります。軽度の歯列不正で、削って詰め物やかぶせもので整えるなどの矯正以外の解決方法も見い出せる場合は、それぞれの方法のメリットとデメリットを詳しくご説明して、ご希望に沿うものを選んでいただいています。矯正は病気を治すためのものではなく、取捨選択が可能な治療です。矯正治療は完了までに長い期間が必要になり、また治療にかかる費用も比較的高額になるため、矯正だけを中心に考えるのではなく、トータルで判断して最善の治療方法をご提案するように心がけています。

Before

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

After

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト