親知らずの抜歯

こんな症状でお困りではないですか?

  • 親知らずが虫歯になった
  • 親知らずの周りの歯茎が出血した
  • 親知らずの周囲が歯みがきしづらい
  • 歯並びが乱れてきた
  • 食事中や喋っているときに頬や歯茎を噛んでしまう
  • 顎や頬が腫れてしまい、口を開けにくい

親知らずをそのままにしておくと

親知らずが邪魔になり毎日の歯磨きで綺麗に磨くことができずむし歯や歯周病の原因になったり、親知らずが原因で歯並びが悪くなることがあります。

痛みがなくとも親知らずを早めに抜くといい方

歯並びが悪いなどで矯正治療を検討されている方、これ以上歯並びを悪くしたくない方

親知らずが動くことで今の歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。
矯正治療までは検討されていなくとも、親知らずの抜歯で歯並びが悪くなることの予防にもつながります。

これから妊娠予定がある方

妊娠中や出産前後は、ホルモンのバランスなどが乱れるため口の中が荒れやすく、親知らずにも痛みがでる可能性があります。妊娠中はできるだけ手術は避けた方が良いので早めに親知らずを抜いておくことをおすすめします。

抜歯治療の流れ

①診査・診断

まずはカウンセリングと口の中の確認をさせて頂きます。
親知らずの状態を確認するためにレントゲンやCTで撮影を行い、抜いた方が良いかどうかの診断を行います。
抜く必要がなく薬で治療を進めるという選択肢もあります。
★薬で炎症を抑える場合
一時的な腫れや痛みの場合であれば洗浄・薬で痛みが和らぎます。
継続的に痛みがある場合は原因は親知らずにあるので抜歯をして方が良いです。

②抜歯の処置

親知らずのある位置や生え方によって5分とかからない症例から1時間以上かかるケースまで様々なケースがあります。
事前におおよその治療時間などはしっかりと説明を行い患者さまに負担の少ない治療を行います。
★抜歯後の注意点
抜歯後は腫れがあるので入浴や飲酒、喫煙は控えてください。
腫れは一週間程度でなくなってきます。
痛みや腫れがほとんど出ないケースもあります。

③抜歯後の確認

後日来院していただき、口の中の確認と消毒を行います。